中古住宅を検討していたり、現在お住まいの方の中には、
「中古住宅の購入後すぐに外壁塗装すべき?」
「いつ外壁塗装をするのが良い?」
と外壁塗装が必要な時期について疑問を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

中古住宅も適切な時期に必要なメンテナスをすることで、その後の家の寿命にも影響してきます。
今回は中古住宅の外壁塗装の時期についてご紹介します。

中古住宅の外壁塗装の適切な時期

外壁塗装の時期を見極めるタイミングは2通りあります。

1.築年数で判断する

外壁塗装が必要となる時期は、築10年前後が目安です。
もし、中古住宅の築年数が10年以上経過している場合は、外壁塗装が必要な時期を迎えている可能性があります。

2.外壁塗装履歴で判断する

外壁塗装歴がある場合は、築年数に関係なく直近の外壁塗装から10年前後が目安です。

その際の外壁塗装時に使用した塗料製品が分かる場合なら、耐久性の指標に則って正確に時期の目安を把握できます。
塗料には「耐久年数」が明示されています。耐久年数=塗料の寿命。
もし、直近の外壁塗装で「耐久年数10年の塗料」を使用していたら、次は、外壁塗装をしてから10年前後が目安となります。

外壁の劣化症状を確認してタイミングを見極める

ご自身で確認して判断する方法もあります。
以下の状態があれば、早急に外壁塗装を検討しましょう。

・チョーキング現象で粉がふく
・色あせが激しい
・幅0.3mm以上のひび割れがある
・無数のキズがある
・コケ・藻が発生している
・サビている部分がある
・塗膜が膨れていたり、はがれている

これらは外壁の防水性が失われてきているサインです。このまま放置すれば、外壁材がダメになったりり、雨漏り・カビ・シロアリなどのトラブルが発生して甚大な被害がでてしまうかもしれません。

プロの力を借りて判断するのもおすすめ

塗装業者に外壁診断をしてもらい、塗装が必要な時期をアドバイスしてもらうこともできます。
判断に迷ったり、外壁塗装の時期について不安や疑問がある場合には、プロの力を借りることをおすすめします。

三洲リファインでは、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案いたしております。

まずはお気軽にご相談を下さい。