家を建てて10年経っているなら、屋根裏の点検を!

「屋根裏って点検したほうがいいの?」

雨染みなど具体的な症状を発見して、初めてそう思う方もいるかもしれません。
もし、あなたの家が建ててから10年経過しているなら、具体的な症状がなくても一度点検をおすすめします。
なぜなら、屋根裏では知らない間に雨漏りなどのトラブルが起きている場合が多いからです。

隠れ雨漏りを放置する4つのリスク

屋根裏を点検せずに放っておくと、隠れ雨漏りの被害が進行する可能性があります。
そこで、放置した場合どんなリスクがあるのか紹介します。

1.木材の腐朽

雨漏りに気づかず、湿気がたまる一方だと、野地板や垂木といった木材の腐朽につながります。腐朽が進むと、屋根を葺き替えるだけでなく柱や板も交換が必要になる場合もあります。塗装に比べて修繕費用がかさみ、コストも大きくなります。

2.電気系統の不具合

屋根裏に電気系統を集約している場合、湿気がこもったことで漏電につながる恐れもあります。
漏電に気づかず、火災になり命を脅かすことにもなりかねません。屋根裏を定期的にチェックしてホコリが溜まってないかなどを確認しましょう。

3.断熱材の劣化

屋根裏には断熱材が張り巡らせてあります。断熱材も経年劣化するものなので、湿気により一部分が剥がれてしまったり、カビが生えてしまったりすることがあります。
劣化した断熱材はシロアリのエサになるので、早めの対策が必要です。

4.ネズミなどの獣害

屋根裏にネズミやイタチ、ハクビシンなど動物が住み着くことがあります。
それらの動物たちは、柱や電気配線をかじったり、フンをためて悪臭を出したりする以外にも、付着したダニを家じゅうにまき散らしたり、住んでいる人への健康被害も与えることもあります。
屋根裏から足音が聞こえるなど、怪しい雰囲気があったら専門業者への相談をおすすめします。

点検チェックポイント

屋根裏をご自身で確認する際は、あまり無理はせず、見える範囲だけでもいいので確認してみましょう。

チェックポイントは以下の通り。

・柱や板のシミの有無
・水が垂れたような形跡の有無
・柱を固定するボルトが緩んでいないか
・動物などの糞がないか
・断熱材が食い荒らされていないか

もしこれらがあれば、隠れ雨漏りの可能性が。
おうちのメンテナスをご検討ください。

三洲リファインでは、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案いたしております。

まずはお気軽にご相談を下さい。