外壁塗装は大切なおうちのメンテナス。どの家にも必要不可欠なことなので、施工が始まれば、ご近所同士「お互い様」ではあるものの、時にトラブルにつながることがあります。

今回は、どんなことが工事中のトラブルになりやすいのか、また、その対応方法についてご紹介します。

ご近所トラブルになりやすいことと対処法

三州リファインでは、まず施工が始まる前に必ず近隣の方へのごあいさつを徹底しております。
マナーを守り、安全な工事を心掛けていますが、一方で外壁工事は工期が10日~2週間程度とかかるため、様々なご不便をおかけすることがあります。

工事中でよく起こるトラブルと対応方法についてまとめました。

1.工事中の騒音

外壁塗装では、足場の設置・撤去の際や高圧洗浄時に騒音が発生します。
当社では、事前のごあいさつで、大きな音が発生する旨を伝えたり、早朝や夜遅くなど、近隣の迷惑になる時間に作業しないよう対策をしています。

2.塗料の飛散

外壁塗装中に塗料がまったく飛び散らないことはありません。
養生を徹底し、飛び散った塗料などで大切なものが汚れないよう、専用のシートで周囲をおおって保護しながら作業を行っています。

3.塗料のニオイ

普段の生活ではあまり嗅ぎなれない塗料。ニオイの問題は外壁塗装の際は避けて通ることができないことです。
事前のごあいさつで、ニオイで不快な思いをさせてしまうかもしれない旨を伝えたり、ニオイが少ない水性塗料を選んだり、可能な限りの対応を行っています。

ごあいさつがトラブル回避の基本!

外壁塗装をはじめるにあたり、最も大切なことはごあいさつです。
事前に工事のお知らせや工期の説明があるかないかで、近隣の方々からの印象も変わります。
三州リファインを選んでくださったお客様にご迷惑をおかけしないよう、
当社では、安全第一はもちろんのこと、社員のマナー教育も徹底してまいります。

まずはお気軽にご相談ください。