外壁はカビにとって最高の環境?!

外壁にカビが発生することはご存知でしょうか?
実は、外壁は常に湿気や雨など様々な影響を受けるため、カビが繁殖する条件が整っている場所なのです。カビが発生する原因を紹介します。

1.湿度が高い

通常カビは湿度60%程度がすごしやすい環境と言われいます。外壁は雨に打たれることもあり、湿度の高い状態が続くことがあります。
特に家の近くに川や海がある場合は要注意。このようなケースは一年中外壁が湿度の影響を受けるため、カビが発生しやすくなります。

2.外壁にはカビの栄養になるものがある

カビの栄養素は「汚れ」。外壁はチリやホコリなど、様々な汚れが付着しています。カビはこれらを餌にして繁殖します。

カビの対処方法について

では、カビが発生した場合どのような対策をするのがいいのでしょうか?

まずは簡単なホームケアの場合は、水洗いが効果的。
スポンジやブラシを使って水洗いをします。硬すぎるブラシを使うと壁が傷つき、その傷にカビが発生しやすくなるため注意が必要です。軽く擦って落ちる程度の汚れやカビなら、柔らかいスポンジや雑巾を使うのがおすすめです。

確実に汚れを落としたいと考えているのならリフォーム会社・外壁塗装業者に依頼しましょう。費用はかかりますが、プロにおまかせすることで、それだけ外壁が美しくなり、良好な状態を保てます。

塗装でカビ予防もおすすめ

前述したように、汚れが蓄積するとカビにつながることが多いため、定期的な水洗いが大切です。これにより大部分の汚れを洗い流し、カビの予防につながります。

また、カビの原因となっている菌を殺菌することも大切。
外壁塗装の際に、防カビ効果が高い塗料を選ぶことで長期間にわたりカビの問題から解放されますこともあります。
美しい外壁を長く保つことにもつながるので、現在生えているカビの対処だけでなく予防したいと考えているならぜひおすすです。

三洲リファインでは、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案いたしております。

まずはお気軽にご相談を下さい。