あなたの暮らしや財産を守る大切なおうち。どんなおうちでも、年月が経てば紫外線や天気などの影響を受けて劣化は進んでいきます。もし、築10年以上たっていればメンテナンスを一度検討してみるのはいかがでしょうか。

外壁と屋根には、3つのリフォーム方法があります。それぞれメリット・デメリットを知り、我が家に合うメンテナンス方法を考えていきましょう。

メンテナンス方法は3種類。我が家にあう方法は?

1.塗装リフォーム

塗料を塗る工事となり、リフォームの中で一番安く済ませる事ができます。塗料によって性能が異なり、耐久年数も異なるので塗装の時期がきたら定期的に行うのがオススメです。

2.重ね張りリフォーム

現在の外壁材や屋根材の上に、新しい建材を被せる工事です。新しい建材を取り付ける工事なので、既存の外壁材や屋根材の撤去する費用がかからない分、張り替えよりも安くなる場合があります。重ね貼りはカバー工法とも呼ばれています。

3.張替えリフォーム

外壁材や屋根材を張り替える工事。屋根の場合は張り替えとは言わずに、葺き替え(ふきかえ)と言います。劣化が進んでしまい、構造躯体にまで影響が出てしまっている場合は、その修理をすることもあるので、高額になりがちです。

塗装工事をオススメするワケ

おうちのリフォームには1.塗装2.重ね張り3.張替えと3つの方法があることをご紹介しました。

大切なおうちを守るためのリフォームですが、その中でもオススメは塗装によるリフォームです。一度の支出は多くなると考えがちですが、将来的なことを考えると、塗装工事がメンテナンス費用を抑えられます。
劣化をそのまま放置すれば、構造躯体に影響を及ぼし大規模なリフォームや建て替えをすることになり、時間的にも金銭的も大きな負担になることが考えられます。

定期的なメンテナスをすることは、家のそのものの寿命を保つことができます。

リフォームは頼れる業者にお願いしよう

さまざなリフォーム業者がいる中で、どこにお願いしようか迷うことは多いですよね。

三州リファインは、おかげさまでご紹介やリピーター様によるご依頼をいただいております。

経験豊富なスタッフによる無料点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案させて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談ください。