雨漏りは漏電のリスクにつながる

実は、雨漏りの影響で漏電することがあることはご存知ですか?

雨漏りは、屋根瓦のズレ、外壁のひび、コーキングの隙間、雨樋の詰まりなどに水が入ることで起こります。

通常、電気配線や電気器具類には、電気が漏れないように「絶縁」という処理がされていますが、雨漏りが起きてる場合、雨水が天井裏や壁面内を通ることで電気配線やコードの絶縁体の隙間に入り込むと漏電が起こることががあります。

雨漏りは、建物の構造体を腐食させカビやシロアリを呼び寄せるなど、様々な被害を生み出しますが、中でも最も危険と言われるのが、漏電による被害です。

漏電チェックポイント

漏電は、家電の故障や停電だけでなく、最悪の場合、感電や火災にもつながることもあります。
放置しないためにも
まずは、以下の状況が起きていないかチェックしてみてください。

建物の金属部分を触るとビリビリとした感じがある

建物の金属部分に触れるとビリビリと感じる場合は漏電の疑いがあります。どこが漏電の元になっているか素人では分からないので、専門業者に調査をお願いしましょう。

雨の時に停電する

雨が降った時に限って停電が起きる場合、雨が原因で漏電している可能性があります。庭など外にある外灯やコンセントの防水が弱くなってで起きることも考えられますが、こちらも素人ではどこから漏電しているか分からないので、専門業者に調査をお願いしましょう。

家電から水漏れがある

照明器具などから水漏れしている場合、漏電している可能性大。雨漏りやマンションなどで上階層の漏水から起きることも考えられます。また、照明以外にも水をかぶった家電は簡単に漏電します。濡れた電化製品は危険ですので使用しないようにしましょう。

電気代が異常に高くなった

電気代が急に高くなった場合も漏電を疑ってみましょう。漏電が起きると電気の供給が非効率になり、その結果、急激に電気代が高くなります。

雨漏りは早めの対策が吉!

天井に雨染みがあるなど、目に見えての被害があるときは、すでに雨漏りが進行していることがほとんどです。そうなる前に定期的な点検をおすすめします。

三州リファインでは、経験豊富なスタッフが屋根の状態を見極めた上で予算やご要望にあった施工をご提案いたしております。まずは無料点検で我が家の状態を把握してみませんか?

まずはお気軽にご相談を下さい。