外壁や屋根塗装に使われる塗料ですが、技術の進歩は目覚ましく、その種類は多様化しています。「塗料深掘り!」シリーズでは、様々な塗料について解説します。
失敗しない家の塗り替えに重要なのは、価格の安さ、高さではなく、ライフスタイルや家にピッタリの塗料を選ぶ事。ぜひ塗料選びの参考にしてくださいね。

ラジカル塗料とは?

ラジカル塗料とは、「ラジカル制御型の酸化チタンを使用した塗料」のこと。少し言葉だけを見ると難しさがありますね(汗)

ラジカルとは、外壁・屋根塗装の塗料に含まれている顔料に、酸素・水・紫外線などが触れることによって発生する劣化因子のことをいいます。つまり、ラジカルが発生することで、周囲にある塗膜の樹脂を傷つけ塗膜は徐々に薄くなっていきます。
その結果、外壁を触ったときに白い粉がつく「チョーキング」という現象が発生しやすくなります。

ラジカル塗料には、ラジカルを制御する「高耐候酸化チタン」と「光安定剤」が配合されています。

【高耐候酸化チタン】
「酸化チタン」は、本来はラジカルを発生させる成分ですが、「高耐候酸化チタン」には、ラジカルを外へ放出させない”ラジカルバリア”と言われる力があるため、劣化しにくい塗膜を維持できます。

【光安定剤】
「光安定剤」は、発生したラジカルをキャッチして、ラジカルの活動を抑えます。

ラジカル塗料は、この高耐候酸化チタンと光安定剤の相互作用によって、耐久力のある塗膜を作り出し、外壁・屋根全体を長持ちさせてくれる塗料なのです。

ラジカル塗料のメリット・デメリット

ラジカル塗料のメリット

・チョーキングが起こりにくい
・光沢が持続し、防汚性・防カビ性に優れる
・塗装しやすい

チョーキングの原因となるラジカルを抑制するので、チョーキング現象が起こりにくいです。
さらに汚れに強く、変色しにくいのもポイント。塗装後の光沢も長持ちします。

ラジカル塗料のデメリット

・濃い色での塗装を希望している場合、思い通りにいかないことがある
・新しい塗料のため施工例が少ない

ラジカル塗料の主成分である「高耐候酸化チタン」は、白色顔料のため、製品によっては、黒などの濃い色を選べないことがあります。また、リリースされてから比較的新しい塗料であるため、耐用年数はあくまで想定(15年)されているものになります。現時点では、ラジカル塗料の精度を証明することは難しいのも現状です。

今回はラジカル塗料についてお話しました。

屋根・外壁塗装では、素材の特徴を理解した上で、どんな塗料を選ぶのが適切かしっかりとアドバイスをしてくれる業者を選びましょう。

三州リファインでは、経験豊富なスタッフによる無料点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案させて頂いております。

まずはお気軽にご相談ください。