台風の被害を受ける前にチェックしたいポイント

最近ではゲリラ豪雨が多発したり、台風の大型化も進んでいます。
大切な命と財産を守る家が被災しないためにも、これまで以上の備えが必要。
もし不安なことがあれば、早めの対策をおすすめします。

今回は、深刻な被害にならないためにも住まいのチェックポイントを紹介します。

1.屋根(瓦・スレート・金属)

屋根にひび割れや割れ、欠けといった破損個所やズレがないか確認しましょう。金属屋根の場合は、サビがあったり、浮いている箇所がないかチェックしてください。このような破損個所やズレの部分は雨漏りにつながる可能性もある上に、強風で飛んでいってしまうことも考えられます。人や家屋に当たることもあるので、気をつけましょう。

2.棟板金

棟板金とは、スレート屋根や金属屋根の頂点にある板金のこと。屋根の内部に雨水が入らないようにかぶさっている部分です。棟板金を固定している釘がゆるみ、風によって変形や飛散する場合があります。釘のゆるみや板金の浮きがないかをチェックしておきましょう。特に築10年以上経っており、一度もメンテナンスをしていない場合は注意が必要です。

3.雨どい

雨どいに落ち葉やゴミが溜まっていないか、詰まっていないか確認しましょう。ゴミなどがある場合、しっかり排水できず、雨水があふれると家屋に浸入するケースもあります。普段から水漏れがないか、勾配がゆるくなっていないかを確認することをおすすめします。

4.外壁

外壁に亀裂(クラック)やコーキングに傷みはありませんか。普段の雨では大丈夫でも、台風やゲリラ豪雨の時には横殴りの雨が吹き付けることがあります。亀裂やコーキングが傷んでいる箇所から雨水の浸入に繋がることもあります。

屋根に登っての確認は危険!

屋根に登って確認するのは危険なのでやめましょう。
例え「2階程度なら大丈夫」と思っていても、慣れない勾配で転落やケガをすることもあります。ご自身で確認する場合は、2階の窓から下屋根を目視して、屋根の劣化状態を予測する程度にしましょう。
本格的な点検はプロにおまかせするのがおすすめです。

また、ゲリラ豪雨や台風後は飛来物が屋根を傷つけている可能性があるので、気になる場合は早めに相談しましょう。

三州リファインでは、経験豊富なスタッフが屋根の状態を見極めた上で予算やご要望にあった施工をご提案いたしております。被災する前に無料点検で我が家の状態を把握してみませんか?

まずはお気軽にご相談を下さい。