前回の記事に引き続き、屋根の形状ごとのメリットやデメリットをお話しつつ、チェックポイントについてもご紹介します。これから新築や屋根リフォームを考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

寄棟屋根とは?

「寄棟屋根(よせむねやね)」とは、屋根の頂点から四方向に向かって面がある屋根のこと。

頂上部の棟を大棟と呼び、四方向に向かって傾斜のある棟のことを隅棟、もしくは下り棟といいます。

台形と三角形を組み合わせた屋根は、スタンダードな形状なので街中でもよく見られるかもしれません。

寄棟屋根のメリット&デメリット

多くの家屋に採用されている寄棟屋根のメリットとデメリットをご紹介しましょう。

寄棟屋根のメリット

・方向を選ばず、高さ制限のある立地でも建てられる
→寄棟は屋根と外壁とのバランスが均等になるため、建てる際の制限が少ないのがポイント。斜線制限がある場合でも、四方向が傾斜になっているため有利になります。

・デザイン性の良さ
→横から屋根を見ると台形の部分がどっしりと落ち着いた雰囲気がある寄棟屋根。かつては和風建築に多く採用されていましたが、デザインによっては和風にも洋風にもマッチします。

・耐久性・耐風性が高い
→四方向に屋根があるため、外壁の部分的な劣化が発生しにくい。切妻屋根と比べて雨や風の影響が分散されるので、被害を最小限に抑えらることが期待できます。

寄棟屋根のデメリット

・コストが割高
→切妻屋根と比べて複雑な形をしているので、部材や工期が長くなりがち。建築時のコストがかかる傾向があります。

・天井裏が取りにくく、湿気がこもりやすい
→屋根の高さを取ることができないため、屋根裏に湿気や熱気がこもりやすい。

・雨漏りのリスク
→寄棟は大棟と隅棟(下り棟)を合わせて5か所あります。その分、雨水の浸入口となりやすい建材と建材の接合部があるため、雨漏りリスクが高くなりがち。

・太陽光パネルが設置には向かない
→屋根の面が4つあると、一番照射効率の良い方向に設置できるパネル数が限られる。

寄棟屋根のチェックポイント

寄棟屋根は耐久性は優れていますが、他の形状の屋根に比べると雨漏りには比較的弱いといえます。
切妻屋根や片流れ屋根に比べると接合部分が多くなるため、トラブルにより隙間が生じてしまう可能性もあります。

大棟と隅棟が合わさるY字の部分は「かき合い」と言われる要注意箇所です。

三州リファインでは、経験豊富なスタッフが予算やご要望にあった塗料や施工をご提案いたしております。

まずはお気軽に無料相談・無料点検をご利用ください。