雨どいの役割とは?

屋根は、住宅を風雨や直射日光から守る重要な役割を果たすと同時に、常に雨や直射日光にさらされているので汚れやすく、劣化しやすい場所。その屋根と切っても切れない関係にあるのが雨どいです。

日本の住宅では当たり前にあるため、その意味をしっかりと認識する機会がないと思いますので、今回は、雨どいの役割やメンテナスの重要性についてお話します。

雨どいの最大の役目は、屋根に降った雨水を一箇所にまとめ、管や鎖を伝わらせて排水設備に流すこと。これによって、屋根から落ちた雨水が、建物の外壁や土台を傷めることを防いでいるのです。

つまり、雨どいのメンテナンスをすることは、間接的には外壁を守ることにつながります。

雨どいの掃除のタイミング

雨どいは屋根から流れる雨水を受け止めるため、その際には当然屋根に付着した砂ぼこりや落ち葉なども一緒に流れてきます。

もし雨が降った時に雨どいから雨があふれていたら雨樋が砂ぼこりや落ち葉で詰まっている可能性が!放置すると、屋根や外壁にも影響与えるので、早急に掃除の手配をおすすめします。

メンテナンスについては、1年に一度は点検も兼ねて掃除をすると安心です。

しかし、雨どいは複数のパーツに分かれている上に、高所にあるのでご自身で掃除するのは危険ですので、専門業者に依頼しましょう。

専門業者は主に以下の部分をチェックして詰りを取り除きます。

軒樋…屋根の縁と平行に伸びており、屋根の雨水を直接受ける部分
集水器…軒樋に落ちた雨水を集め、竪樋に流す部分
竪樋…集水器から地面へ雨水を流す部分

よくある雨どいの不具合

雨どいの不具合には、砂ぼこりや落ち葉が原因の詰り以外にもさまざまなものがあります。次は不具合が生じる原因も一緒に紹介します。

①経年劣化

最近では、ガルバリウム鋼板など金属製の雨どいも増えていますが、施工性とコスパに優れた塩化ビニル樹脂やその他合成樹脂が材料となっているものが主流です。紫外線などの影響で徐々に劣化し、ひび割れが生じ、その部分から雨水が漏れることがあります。

②雨どいが外れる

雨どいは数メートルの軒樋を継手という部材でしっかりとつなげるのですが、地震や台風の影響で外れてしまうことがあります。はずれた場所から雨水が漏れるので、自然災害の後は一度確認し、修繕が必要なら専門業者を頼りましょう。

③傾斜がずれる

雨どいは一見しては分かりませんが、雨水が流れるように傾斜が設けられています。そして、この傾斜はさまざまな理由でズレることがあります。
自然災害や経年劣化で金具がゆがんだり、抜けてしまうことがあります。傾斜がズレると雨水が逆流したり、あふれたりなど排水不良が起こります。

三洲リファインでは、無料点検を行う際には屋根や外壁だけでなく、付帯する部分も細かくチェックしております。気になることがあれば、まずはお気軽にご相談を下さい。