ツートンカラーはハードルが高い?

今回は外壁塗装をする際に、「せっかくだから色をツートンカラーにしたい」と考える方へ失敗しないためのコツと注意点をご紹介します。
塗り替えがきかないからこそ、「ダサくなったらどうしよう」と不安になる方も少なくないはず。このコラムをぜひ参考にしてくださいね。

おさえておきたい6つのポイント

① 色の比率は、6:4〜7:3を基準に

外壁をツートンカラーにする際には、2色の割合が6:4〜7:3程度になるように施工するとバランスが良く見えます。

② 同系色を組み合わせると失敗が少ない

配色で失敗を避けるには、同系色でまとめるのが無難。白&グレー、グレー&黒、クリーム色&ブラウンなどのカラーでまとめる場合が多いです。

③ セパレーションカラーが印象を和らげる

配色の対比が強すぎる場合は、2色の境界となる箇所に、幕板や雨樋などで別カラーのライン(セパレーションカラー)を入れることにより、印象が和らぎます。 セパレーション部分には、隣り合う色とぶつかることがない、白や黒に近い色を採用することが多いです。

④ 3色を使う場合も比率が大事

外壁に使用するカラーは、最大でも3色くらいまでが理想。この場合には、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの比率を意識するのがおすすめ。
【ベースカラー】
「ベースカラー」部分は、塗装面積が最も大きい全体の60〜70%くらい。近隣の色合いにも調和するカラーを選びましょう。
【アソートカラー】
ベースカラーの次に多く使う「アソートカラー」は、全体の20〜30%程度を目安に。ベランダ・バルコニーなどの出っ張った箇所の色を変えたい時などに、多く採用されています。
ベースカラーを引き立てる、相性の良い色が◎。
【アクセントカラー】
玄関ドアや窓枠、破風板や付柱などに、アクセントとなる色を施したい場合には、5〜10%くらい。
家を個性的に演出したり、全体を引き締めてくれます。

⑤ 落ち着いた色や淡いカラーだと安心

特に3色以上にする場合、白やクリーム色、淡いピンクや薄めのグレーなどが無難です。落ち着いたカラーを最低1色は取り入れましょう。

⑥ 付帯部の色との相性を考える

軒天井や雨樋など、付帯部の色との相性も忘れないでください。同じ色で塗装するか、セパレーションカラーを採用するかでイメージが多きく変わります。

色選びはプロに相談

色選びに迷うことは多いと思いますが、経験豊富なプロに相談するのが一番。仕上がりのイメージなどもアドバイスしてくれる会社を選びましょう。

三洲リファインでは、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案いたしておりますので、まずはお気軽にご相談を下さい。