高圧洗浄の役割

高圧洗浄の一番の目的は「外壁のサビや藻などの汚れを水圧で洗い落とす」ことです。

足場の設置が済んだあとに最初にとりかかるのが「高圧洗浄」になりますが、ここでの作業がしっかりしていないと、塗装の仕上がりに大きな影響を与えることになります。

高圧洗浄には、具体的に3つの役割があります。

1.塗料の密着力を高める

外壁の劣化が進むと、汚れが目立ってきます。雨や湿気が原因でできた藻・カビ・サビや、塗料が粉状になるチョーキングという現象がその代表例。こういった汚れをきれいに落とすことで、上から塗る塗料との密着力を高めます。

2.外壁を長持ちさせる

汚れをしっかり落とすことで塗料の密着力が高まると、外壁をより長持ちさせることになります。外壁塗装は10~15年程度を目安に行うため、頻繁に行うご家庭は少ないと思います。塗装の持ちが外壁の持ちにも影響するので、洗浄はしっかり行うことが大切です。

3.仕上がりの見た目が良くなる

外壁の汚れをきれいに落とすと表面の凸凹がなくなるため、塗料を塗ったときの仕上がりが格段にアップします。実際に塗料を塗る過程や技術も大切ですが、見栄えの良し悪しの決め手は、最初の高圧洗浄でしっかり汚れを落とすことにかかっています。

汚れが落ちきれてないとどうなる?

では、高圧洗浄が不十分だった場合、どんなデメリットがあるでしょう?

・ひび割れの発生

外壁の表面に汚れが残ったまま塗装をすると、凹凸ができて塗料がしっかりと密着せず、ひび割れがすぐに発生してしまいます。小さなひび割れならば問題ありませんが、ある程度大きなひび割れは修繕が必要です。

・塗料が剥がれる

ひび割れと同様に劣化が早く進むことで、塗料が剥がれやすくなるというリスクも。汚れの上に塗装をすることで塗料の密着力が弱まってしまうことが原因です。

・仕上がりの見た目が悪くなる

完全に汚れが落ちていないと、見た目が凸凹していたり、色ムラが表れたりすることがあります。
お化粧だって肌に油分や汚れが残ったままファンデーションを重ねても、化粧のりが悪く仕上がりもいまいちですよね?それと同じことが外壁塗装でも言えるのです。

道具を使い分けて汚れを根こそぎに

高圧洗浄時に使用するノズルは大きく分けて3種類です。洗浄する場所や、汚れ具合によって上手く使い分けます。

・トルネードノズル
回転させながら水を噴射することができる高圧ノズル。外壁にこびりついた頑固な汚れを落とす。

・ロングガン
ある程度距離が離れたところから水を噴射する際に使用。主に屋根洗浄に使われる。

・ショートガン
足場と外壁の距離が近い場合に使用。外壁を傷つけないようにするために使用する。

三洲リファインでは、経験豊富なスタッフが壁材の種類や汚れ具合を見極めながら適切に作業を行っています。無料の点検も行っておりますので、まずはお気軽にご相談を下さい。