外壁塗装、どの季節がいい?

以前コラムで春の外壁塗装についてお話しましたが、お客様より外壁塗装に向いている季節はいつか尋ねられることがあります。

名古屋近郊にお住まいの場合、基本的に屋根・外壁塗装は1年を通して問題なく施工できますが、さらに、塗装に適している条件を具体的に上げると、

・気温 15℃~30℃
・湿度 40%~80%

程度の時期が最適と言われています。

秋の名古屋の気象情報

では、名古屋の秋の平均気温・湿度を見てみましょう。

9月    26.7℃ 69%
10月  20.3℃ 74%
11月  13.4℃ 64%
(2019年の平均データ)

秋は気候が安定しているという点で、春と同じくらい外壁塗装に向いている時期と言えます。
そして、空気が乾燥しているため塗料の乾燥が早く、工期も短期間で済みます。

外壁塗装の際には家の周りに仮設足場を建て、窓を開けにくい状態になるので、工期が長引かないのはメリットの一つですね。

まとめ

前述したように、名古屋近郊エリアでは、季節を問わず年中外壁塗装が可能です。

外壁は夏の暑さや紫外線でダメージを受けているので、この機会に一度点検をしてみてはいかがでしょうか。色褪せやひび割れ、チョーキングなどの劣化症状が見つかるかもしれません。

三洲リファイン株式会社では、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案させて頂いております。

まずはお気軽にご相談を下さい。