シーリングとは?

シーリングとは「外壁材と外壁材の隙間」や「窓のサッシ周り」、「浴室の浴槽と壁の隙間」など、住宅に存在する隙間を埋めるゴム状のパッキンを指します。

人にとっては、「コーキング」や「シール」と呼ばれていますが、基本的には役割は同じです。

役割その1 衝撃を吸収するクッションとして

住宅でのシーリングは「外壁や窓サッシ」、「浴槽や壁」などの建材同士がぶつかり合った時の衝撃を緩和する働きがあります。

例えば、サイディングやコンクリートなどの外壁は気温や湿度によって膨張したり、収縮したり緩やかな動きがあります。
そこで、緩衝材として外壁材と外壁材の間にゴム状のパッキン(シーリング)を挟むことで、外壁材同士がぶつかり合うのを防止する役割があります。

シーリングは外壁や住宅設備を衝撃から守り、建物の資産価値を維持する重要な役割を担っているのです。

役割その2 建物の防水性を高める

住宅には「外壁材の繋ぎ目」や「外壁と窓サッシの繋ぎ目」など様々な隙間があります。
これらをシーリングで埋めることで、建物に水が侵入するのを防止し、建物全体の防水性能を高めます。

つまり、シーリングは雨漏りや漏水を防止し、住宅設備の寿命を延ばすことで総合的な住宅メンテナンスコストを下げる重要な役割があります。

シーリングに寿命はある?

シーリング材は絶えず膨張や縮小を繰り返しているため、そのものの寿命はそれほど長くありません。

そのため、シーリング材はサイディングボードやパネルに比べて早く劣化してしまいます。

シーリング材も常に進化しているため、新しいシーリング材であればそう簡単に破損することは少ないですが、それでも平均すれば5〜10年ほどの寿命(耐用年数)が一般的です。

ひび割れ、剥離、肉やせ(隙間を埋めていたコーキング材がやせ細ってしまう状態)などが起きている場合は寿命の場合が多いので、一度確認してみてください。

三洲リファイン株式会社では、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案させて頂いております。

まずはお気軽にご相談を下さい。