外壁塗装期間中は換気を我慢?

健康や衛生管理に敏感なっているからこそ、換気は気になりますよね?
しかし、塗装工事中は家が足場で覆われ、窓を養生されてしまうと、「換気のために窓を開けられない」と考える方もいらっしゃると思います。
今回は、外壁塗装中のこもった臭いや空気を入れ替えるタイミングやその方法を解説します!

窓を開けて換気ができるタイミング

外壁塗装は2~3週間かかり、工事中いつでも窓の開閉ができるとは限りません。
仕上がりまで工程はいくつか分かれているので、換気が可能なタイミングがあります。

〇換気が可能なとき
シーリング工事
乾燥
足場の解体
清掃

△条件によっては換気が可能なとき
下塗り
中塗り
上塗り
養生取り

×換気ができないとき
足場組み立て、養生
高圧洗浄
下地調整、養生

外壁塗装といっても、いきなり塗料を塗るわけではないので、下準備や後片付け期間は基本的に窓の開閉ができます。

また、塗装面の反対側の窓といった施工に問題が生じない場所などであれば、条件によって換気は可能です。

足場組み立て時や高圧洗浄中は危険が伴いますので、換気はできません。

もちろん、工事を行っていない夜間などは、基本的に窓を開けることができます。

効率的な換気方法

作業前に開けたい窓をお伝えいただければ、対応もスムーズですし、換気扇の排気口の養生を工夫することもできます。
また、開けた窓に向かって扇風機やサーキュレーターで風を送ることで、こもっている空気を効率的に排出することができるので、ぜひ取り入れてみてください。

三洲リファイン株式会社では、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案させて頂いております。

まずはお気軽にご相談を下さい。