屋根塗装の耐用年数はどれくらい?

屋根は雨風や紫外線が直接当たるため、外壁よりも劣化しやすいので、定期的な点検をおすすめします。

それでは、どのタイミングで点検やメンテナンスをするのか?
屋根の耐用年数は使用する塗料や屋根材、住宅環境によってそれぞれ。
同じ時期に塗装をした家でも、日照時間や周辺環境などの条件によって塗り替え時期の差が出ることもあります。

まずは、ご自宅の屋根材や塗料をチェックして、メンテナンス時期目安を把握しておきましょう。

屋根材の種類別 点検時期とは?

【ストレート(コロニアル)屋根】

スレート屋根は安価な上に施工性に優れているため、近年よく使用されています。汚れが付着しやすく割れやすいため、塗装メンテナンスは7〜12年程度で行うのが目安。

【セメント瓦】

セメントと砂を混ぜて形成されたセメント瓦は、防水性や耐久性が低いため塗料で表面を保護しなければいけません。塗膜が剥がれるとセメントからカルシウムが流れて、割れなどの劣化が起きるので注意が必要。塗装メンテナンスは10年程度です。

【ガルバリウム屋根】

軽量でメンテナンス性に優れたガルバリウム屋根は、現在、金属系屋根の主流。スレート屋根の重ね葺きも可能です。従来品よりも錆びにくく、定期的な塗り替えで表面を保護することで耐久性が維持できる優れもの。10年を目安に塗装リフォームを行い、20年程度経ったら重ね葺きか葺き替えをするのがおすすめです。

【トタン屋根】

トタン屋根は金属系屋根の一種。軽量で安価ですが、錆びやすく雨漏りが発生しやすいといったことから、現在ではあまり一般住宅には使用されていません。塗装メンテナンス時期は5〜10年程度ですが、錆が発生すると急速に広がるのが難点。定期的に点検をして早めにメンテナンスを行いましょう。

【日本瓦】

強度があり、他の屋根材よりも耐久性に優れた日本瓦の耐用年数は、50~100年程度といわれ、基本的に塗装メンテナンスは必要ありません。ただし、瓦の下の防水シートの交換などのメンテナンスは必要です。また、割れや欠けなどが起こる場合があるため、定期的に点検をして、必要であれば葺き替えをしましょう。

定期点検で長く住める家に

屋根は家を守り、快適な生活を維持する要の箇所です。そのため、屋根塗装が必要な屋根材には適切な時期にしっかりと塗装メンテナンスを行いましょう。

三洲リファインでは無料点検を行っており、お客様のライフスタイルや予算、ご要望にあった塗料や施工をご提案いたしております。ぜひお気軽にご相談ください。