雨漏りの原因とは?

ある雨の日、ふいに“ポツン”と音するほうへ目を向けると…、家の中に水たまりができていてびっくり!

前触れもなく、ある時突然気づく雨漏りですが、これはお住まいに何らかの劣化症状が起きてダメージを受けているサインです。放置するとさらに劣化が進んでしまうため、気が付いたからしっかりと対策をしましょう。

雨漏りの原因には、

  • 経年劣化
  • 台風、地震などの自然災害
  • 何らかの衝撃による損傷
  • 施工不良

などが考えられます。
雨水は屋根や外壁、窓サッシなどいたるところから侵入する可能性があり、侵入場所=雨漏りが起きている場所というわけでもないため、雨漏りの原因を特定するのは難しいことがあります。

雨漏りの応急処置

雨漏りを発見したときは、早めに対策をとるようにしましょう。雨漏りの原因を特定する際のチェックポイントとご自身でできる応急処置の方法を紹介します。

【雨漏りのチェックポイント】

  • 瓦屋根のズレや割れ、欠けの有無
  • 屋根材・板金に劣化の有無
  • 外壁や窓サッシ部分などのシーリングの劣化の有無
  • ベランダ・屋上にひび割れや排水口の詰まり

屋根や外壁など、目視では確認しにくい場所もあります。高い所へ登ってチェックするのは大変危険ですから、無理をしないようにしてください。

【被害を広げないための応急処置】

天井からの雨漏りは、その下に新聞紙やレジャーシート、タオルを敷いて、バケツなどで水滴を受け止めましょう。屋根裏に登れる場合は、天井板にシートやタオルを敷くのも有効です。
窓サッシに雨染みがあるときは、雑巾やタオルを当てて雨水を染み込ませて対処しましょう。

【屋根にブルーシートをかけるのは危険!

天井から雨漏りをしている場合、屋根にブルーシートをかけて応急処置をすることがありますが、高所での作業は怪我のリスクもあるのであまりおすすめしません。
また、屋根に登ることで屋根材が損傷し、間違った補修方法で修理を行うとさらに被害が大きくなってしまう場合もあります。ブルーシートが飛んだり落下したりする恐れもあります。
雨漏りが起きたら修理業者が来るまで二次被害を防ぐことを優先しましょう。

雨漏りの修理は専門業者へ

雨漏りが発生したら、早めに業者に調査をしてもらいましょう。

三洲リファインでは、無料の点検を行っており、予算やご要望にあった塗料や施工をご提案いたしております。

まずはお気軽にご相談を下さい。