陸屋根の診断チェックポイントを教えます

陸屋根の経年劣化による影響の出やすい箇所や、普段気にしてみた方が良い箇所を戦火の目線からお伝え致します。

排水溝のつまり

いくら感じられるほどの傾斜がないとはいえ、陸屋根も他の屋根同じ様に降ってきた雨を地上へと排水する必要があり、その設備があります。

それが排水口です。

陸屋根をよく見てみると枡のように凹型になっています。

これは降った雨が外壁を伝ってそのまま流れ落ちないようにするためです。陸屋根は屋上として利用されていなくても四方を塀で囲まれたようになっているのです。

塀で囲まれた内部の床は微妙な傾斜が付けられており、雨水が排水口へと集まるようになっています。

四方を塀で囲まれたような形状で排水口がつまってしまったら、どうなるでしょう。

プールのように雨水が溜まってしまい水があふれてしまいますよね。

雨水が流れることなく溜まったままの状態がつづけば当然、雨漏りに繋がってしまいます。

建物の近くに木があるような場所では落葉などが詰らないようにしなければいけません。

近くに木がなくても、ビニールのレジ袋などが風で飛んできて、それが排水溝付近に詰ってしまうこともあります。

排水溝付近は特に、梅雨や台風のシーズン前には点検した方が良い箇所になります。

表面の色褪せ、ヒビ

陸屋根には防水層が設けられており、その上にトップコートとよばれるものが塗布されています。

トップコートで防水層を太陽光や風雨から守っているのです。

表面の色褪せやざらつきはそのトップコートが劣化してきた証拠になります。

強風時の飛来物やアンテナの倒壊によってトップコートが傷ついてしまうこともあります。

植木鉢を落としたり、引きずったりすることでも表面を傷めたり、防水層を傷つけてしまう場合があるので注意が必要です。

また、下からの湿気やヒビ割れなどによって、防水層が浮いてしまい雨水が溜まってしまうこともあります。

笠木やパラペットの痛みをチェック

笠木やパラペットと聞いて、なかなかピンとくる方は少ないかもしれません。

屋上の周囲には、パラペットと呼ばれる出っ張りが必ずあり、壁の役割を果たしています。

それが手すりほどの高さであるか、ほんの数十センチほどのものであるかは建物によっても違うのですが、これがあるおかげで屋上に降り注いだ雨水が外壁に直接伝い落ちないような設計になっています。

またパラペットの上部に被せてある仕上げ材のことを笠木と言います。

雨水が集まる排水溝に接した形で突起しているパラペットは、それだけ雨の影響を受けてしまいます。

ここの部分のトップコートや防水層の傷や浮きには注意が必要です。

笠木部部に関しては、

割れ、シーリングの劣化、外壁取り合い部分など雨水の浸入箇所となり得る箇所の不具合がないかを確認してみてください。