意識しないとなかなか見ない屋根

建物の一番上で建物や住人を守っている屋根ですが、普段はなかなか目にすることのない部分です。

常に風雨にさらされ過酷な環境から大切な建物を守っています。屋根の形にも様々な形があります。

一般に見られる2面の屋根、4面以上の多面体の屋根、とんがった急勾配の屋根や真っ平らな屋根など、街中を見渡し、意識して屋根の形を見てみると色々あることがわかります。

一般的に屋根は、斜めになっていて雨水が下に落ちるような構造になっています。

そんな屋根の内部の構造を、考えたことがあるでしょうか?

日ごろ目にしない屋根の形状をちょっと理解していただけると、
雨漏りの原因や雨漏りの可能性が解ることもあります。

年々凶悪化する台風、常に隣り合わせの地震のリスク、いずれも屋根に大きな被害をもたらします。

もちろんこれら以外にも紫外線や雨風の影響を受け、お住まいの外装で最も早く劣化が進む屋根。

突然発生した被害や不具合に慌てないために屋根の事を知っておくことはお住まいと長いお付き合いをする上でとても大切なことだと思います。

屋根と言えば何を思い浮かべますか??

「屋根」と聞くと、「瓦」「金属屋根」など屋根材を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

普段街で見上げて目に入るものと言えばそうした屋根材ですので、屋根と言えば屋根材を思い浮かべるというのは当然のことだと思います。

屋根を作る骨組み部分として、『垂木』や『野地板』と呼ばれる構造材があります。

屋根の構造材、垂木

『垂木』は、屋根の傾斜に沿って上から下へ流れている構造材です。

この材料が屋根の基本となります。

勾配のある屋根であればどんな屋根であっても必ず設置されており、屋根面の荷重を支える役割があるのです。

一般的には約45cm間隔で設置をしています。

屋根材の固定などもこの垂木に合わせて釘を打てば、屋根の強度向上に繋がったり、雨漏りの可能性が少なくなります。

屋根のリフォームや修繕の際も、この垂木に合わせて屋根材を打つことになります。

しっかり垂木に対して釘やビスを打てていないと、屋根材の浮きにつながり雨漏りに繋がる場合があります。

屋根の土台となる野地板

垂木の上に設置しているのが野地板です。

以前は18cmくらいの幅で厚さ5mm位の板(小巾板)を重ねて設置していましたが、
最近は厚さ9mm、または12mmの構造用合板(1800mm×900mm)を使うことが主流となっています。

防水紙、屋根材を敷くための土台となる部分でこの上に防水紙、そして屋根材を設置していくことになります。

表からは見えず、多くの方が野地板の存在を「初めて聞いた」という方も多いことと思います。

しかし屋根の土台であるため重要であることは言うまでもありませんし、
耐用年数が20年~30年であるため屋根の葺き替え時等に屋根材と合わせてメンテナンスを行います。

防水紙(ルーフィング)

こちらもあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、

雨漏りを防止するための重要な部材になります。

防水紙は、野地板の上部に設置するシートです。

実は雨から室内を守ってくれているのはこの防水紙(ルーフィング)がとても大きな役割を果たしているのです。

わかりやすく言うと屋根からの雨漏りを防ぐ最後の砦となってくれている部材になります。

例えば、屋根材が割れた、外れたなど屋根材に問題があると雨漏りに発展してしまうと思っていらっしゃる方が多いと思います。

しかし、屋根材に不具合があっても実は防水紙に不具合がなければ雨漏りに発展することはありません。

まとめ

ひとことで屋根といっても、その構造を考えると、たくさんの部材が関係していることが分かります。

屋根が一番風雨にさらされ、たくさんの紫外線をうけ建物を守ってくれている箇所になります。

それゆえ、経年劣化、外的要因での破損などさまざまな要因で修理やメンテナンスが必要になることがあるかもしれません。

屋根の構造を少しでも頭に入れて置くことで、
業者さんから言われた修理内容が適切なものかの参考になることがあるかもしれません。

また、逆に工事費用が思っていたより高かった場合にも、
構造上の部材のメンテナンスの時期がきているのかと納得がいくかもしれません。

少しでも参考になると嬉しいです。

株式会社三洲リファインでは、お客様にわかりやすい説明を心がけておりますが、万が一御見積内容に不明な点等ございましたらお気軽に担当者にご質問を投げかけてみてください。