トラブルになりやすい要因

人の感覚は一緒ではないので、一概には言えないとおもいますが、外壁リフォームの際に近隣トラブルに発展しやすいものが以下の4点と言われます。

・足場架設時の金属騒音
・塗料の臭い
・塗料や高圧洗浄の水の飛散
・外壁塗装業者の駐車

上記の4点には特に気を付け、
近隣への挨拶まわりをしっかりすれば予防が出来るはずです。

足場架設時の金属騒音

外壁のリフォームを行う際、足場は必ずと言って良いほど必要になってきます。

職人の安全・安心を確保することはもちろんですが、

外壁リフォームの仕上がりにも影響が出てくるほど重要なものになります。

愛知県の外壁リフォームを行う場合、
2階3階の戸建てが多いため足場無しで行うことは基本的にはありません。

職員も気を遣っていますが、足場の組み立て時に出る音を0にすることは難しいです。

あいさつ回りに出向く際、音が多少は出てしまうという事を近隣の方に理解してもらう必要があります。

足場の組み立て作業というものが身近にあるものではないため、
施主様もあまりなじみがない作業になると思います。

自分の建物のリフォームで出る騒音として、施主様もしっかり理解していくことが大切だと思います。

塗料の臭い

外壁塗装で使う塗料には、普段はなかなか臭うことのない化学成分が使われることも多いです。

そのため外壁塗装を行う際には工事について事前に伝えておかなければ、「いつまで続くのか」「もっと臭わない方法はなかったのか」というようなクレームが発生することもあります。

挨拶まわりに出向く際に、
施工のスケジュールもお伝えする事が大切になります。

塗料や高圧洗浄の水の飛散

外壁塗装を行う際には、シートを貼って養生しますが、それでも塗料や水しぶきが飛散することが無くなるわけではありません。

損害を与えてしまった場合は業者が責任を取ることになりますが、
ちょっとした水しぶきなどにも嫌気をさす方は多いため、事前にお声がけをしておくことが大切です。

外壁塗装業者の駐車

これは業者側がしっかり気を配って気を付けないといけない事ですが、自分の普段の生活圏内に普段見慣れない車が行き来していると不安になられる方もいらっしゃいます。

また、事前アナウンスなしに業者の車が道路に停まっていると、近隣住民の生活にも支障をきたし、クレームを受けてしまう可能性もあります。

対策としては、外壁リフォームのスケジュールを近隣の方としっかり共有をすることで、
近隣の方の不安を払しょくし、トラブルなくスムーズな施工完了を目指したいものです。

近隣トラブル関連記事