塗膜の剥がれ

塗膜の剥がれとは、外壁の表面に塗った塗料が剥がれている状態のことで

その原因は主に以下の二つに分けられます。

・施工不良

塗装後おおよそ3年以内で塗膜がはがれた場合、施工不良が原因の可能性が高いです。

施工不良には下地処理の不足や、洗浄後の乾燥不足、塗料の選定ミスなどがあげられます。

・経年劣化によるもの

塗装後10年前後で塗膜が剝がれた場合は、時間の経過によって塗膜が劣化した可能性が高いです。

経年劣化による塗膜の剥がれはいつかは必ず生じる劣化症状です。

塗膜の剥がれを放置していると、下地が紫外線や風雨にさらされ、劣化します。

劣化が進むと雨水が建物内に侵入します。

放っておくと腐朽や雨漏りの原因となり、改修費用が高くなってしまいます。

サビ(錆)

外壁にサビが発生する原因は以下の二つです。

・もらいサビ

外壁の近くにある金属製のものに発生したサビが外壁に付着することで

もらいサビが外壁に発生してしまいます。(画像:窓枠のサビが雨水を伝って外壁に)

もらいサビは金属製以外の外壁にも発生します。

・金属製の外壁の劣化が進行

外壁が金属製の場合、劣化が進行し、サビが発生することがあります。

外壁のサビは、サビの原因を食い止めない限り進行し続けます。

また、サビは進行すると洗い流すだけでは落ちなくなってしまうので

ケレン作業で落とすしかなくなり、ケレン後は塗装による補修が必要となります。

金属製の外壁の場合、外壁に穴があくことも考えられます。

そうなってしまうと住まいの寿命が大きく縮んでしまいます。

上記の症状が出たらお早めに外壁メンテナンスの検討を!!

症状の進行がすすんでしまうと、内部への被害であったり施工金額が大きくなってしまったりと被害が大きくなってしまう可能性が出てきます。

一度外壁を見て、何か気になる症状が1つでもあったらお気軽にお問い合わせください。

三洲リファインでは、お客様のライフスタイルに合わせてご提案をさせて頂きます。