スレート屋根

スレート屋根から雨漏りが発生する原因について紹介していこうと思います。

最近、屋根材としてスレート屋根を選択するお宅が増えています。

なぜなら瓦屋根と違って素材自体が軽く、安いからです。

しかしスレート屋根には、他の屋根材と比べて寿命が短いという特徴があります。

劣化が進むと破損したり、最終的に雨漏りすることもあるのです。

スレート屋根とは

【スレート屋根とは】

スレート屋根は粘板岩(ねんがんばん)という岩を使った屋根材のことです。

主に天然スレートと人工的に作る化粧スレートの2種類があります。

化粧スレートは、石綿(アスベスト)スレートと無石綿(ノンアスベスト)スレートに分かれます。一般住宅に良く使われているのは無石綿の化粧スレートです。天然スレートはとても高級で基本的には住宅に使用されていません。

またアスベストを含む石綿スレートは、平成18年以降全面的に使用が禁止されています。

スレート屋根が原因で雨漏りする場合とは

スレート屋根の寿命は15年~25年ほどで、長くても30年程度です。
ちなみに金属屋根の寿命は30年。瓦屋根は数十年から100年と言われています。

普段はあまり屋根を意識することがないかもしれませんが、屋根は雨風を受けたり、太陽の光を受けたりすることによって徐々に劣化します。
寿命を迎えた屋根は、葺(ふ)き替え工事やカバー工事で新しい屋根材を張ることが必要です。

また屋根材の寿命以外にも

・台風や風で飛散物が屋根に当たる
・アンテナなどの屋根上の設備が倒れる

ことで破損することもあります。

できるかぎり屋根を長続きさせて雨漏りさせないようにするためには、適切な時期にメンテナンスをする必要があります。

一般的に使用されている化粧スレート屋根で雨漏りしてしまう原因は様々で、以下のようなものがあります。

塗装の剥がれ
屋根材に生えたカビやコケ
屋根材の割れや欠け、ズレ
棟板金の破損、釘抜け、ゆるみ
谷(谷樋)の破損

塗装の剥がれは主に経年劣化が原因です。メンテナンスをしていないと7年~10年くらいで剥がれてきます。

コケやカビも同じく経年劣化が原因です。長い期間、雨にさらされることで化粧スレートに発生します。

塗装が剥がれると屋根材が反り返って、そこに飛散物が当たり屋根材が破損することにつながります。

三洲リファインでは、塗装をした方が良いのか、
リフォームで新しい屋根材にした方が良いのかなど、お客様のライフスタイルに合わせてご提案をさせて頂きます。

是非お気軽にご相談ください。