天井のシミ

突然、天井にシミができたりクロスが剥がれてきたりすると不安になりますよね。

天井にシミが発生する原因は主に以下の3つです。

・屋根や外壁からの雨漏り
・屋内設備からの漏水
・結露

【1】屋根や外壁からの雨漏り

屋根や外壁の素材が破損してひび割れができたり、部材の接着部分を埋めるシーリング材が劣化したりすると、そこから雨水が建物に浸入します。

そして水が天井まで至るとシミができてしまうのです。

雨漏りが原因となっている場合、雨が降った日や翌日にシミが広がることが多いです。
いつ天井にシミができたのか、直近で雨が降っていなかったかなど確認してみてください。

また台風などの激しい雨によって家が損傷を受け、雨漏りが発生して急に天井にシミができることもあります。

【2】屋内設備からの漏水

天井にシミができる原因として、天井裏などにある設備から水漏れが発生していることも考えられます。
たとえば給水管や排水管、エアコンの結露水を排出するドレイン管が破損して、そこから水が漏れているパターンです。

とくに築年数が経っている物件だと、見えない部分で劣化が進み、確認すると壊れていたり、朽ち果てている例も多くあります。

雨が降っていないのにシミが広がっている場合、一つの原因として天井裏の設備を疑ってみるもとも1つの選択肢になります。

【3】結露

屋根裏で結露が発生し、天井に水が落ちている可能性も考えられます。
結露する原因は、屋根や天井の断熱性能が不十分だからです。そのため

たとえば、外気が冷たい冬に室内の暖かい空気が屋根裏や天井裏に入りこむことで結露します。

築年数が経過している住宅で、いきなり断熱性能が低下することはほとんどありません。

そのため新築物件に結露で天井にシミができているケースが多いです。

結露の症状の特徴としては、天井の一部だけでなく全体的にシミが発生します。
新築物件で雨が降っていない、天井裏に何も設備がないのにシミが天井全体に広がっている場合に原因として考えてみてください。

そのほかに、動物の糞尿や建物の接着剤などが原因でシミが発生することもあります。

しかし原因としてはかなり少ない事象です。

夜に物音がしている場合は動物を、ゆっくりと時間をかけてシミが直線状にできている場合は接着剤などを原因として疑ってみてください。