上塗りとは

外壁塗装が、3回の工程で仕上がりまで行われるというのは前回のコラムでもお伝えさせて頂きました。

1回目の下地塗というのは、白色などの塗料を使い、外壁と上塗りの塗料との接地を良くしたりするための目的で行われます。

そして、2回目3回目の工程で塗られる塗料の色こそが、
施主様に決めて頂いた、外壁塗装完成後に見える色になります。

上塗りの役割としては、中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠す、雨風や汚れから外壁を守るといった重要な役割が挙げられます。
上塗りは家の外観を決定づける工程であり、外壁の色ツヤがどう仕上がるかは上塗りで決まってきます。
遮熱性が高い塗料、カビに強い塗料など、特別な機能を持つ上塗り材もあるので検討してみると良いでしょう。
塗料の種類によってはさらにもう1回、もう2回と上塗りを繰り返すこともあります。

中塗りとは

中塗りは1度目の上塗りと言い換えれる工程になります。

主な目的としましては、
下塗り材の色を消す、上塗り材の密着をより高めるといった役割があります。

費用や工期を考えると、中塗りも上塗りも1度で収めてくれたらもう少し安くなるのでは??と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、上塗りを1度で済ませれば必ず色ムラが残ります。

これは職人の技術に関係なく、誰がやっても出てしまうものです。
他にも塗料の中に気泡が残るといった問題が出る事もあります。

塗料は1回で厚く塗ろうと思っても、1回あたりの塗布量が決まっています。
規定の方法で塗装しなければ、膨らみができるなどの不具合が起こる恐れもあるのです。

弊社の上塗りの様子

上塗りの動画1はコチラ

上塗りの動画2はコチラ

上塗りの動画3はコチラ

しっかりと3工程を行う業者選び

外壁塗装の仕上がりを綺麗にするために、

しっかり3工程を行う重要性がわかっていただければ幸いです。

どこかの工程を省略したり、いい加減な施工をおこなってしまうと必ず仕上がり段階でボロが出たり、塗料の機能面を十分に発揮できなかったりします。

三洲リファイン株式会社では、
経験と実績のある職人がしっかり3工程責任をもって行います。

外壁塗装の施工後に、完成した建物と一緒に施主様の笑顔と写真を撮るのが弊社の喜びとなっていますので、是非お気軽にご相談・お問い合わせください。