外壁塗装必要ない??

自分の家に限っては、
外壁塗装が必要ないと感じている人がごくまれにいらっしゃいます。

また、そこまでは思っていなくても、
まだ自分の家は外壁塗装は大丈夫だと根拠もなく考えている人を含めるとその数は多くいらっしゃると感じます。

そういった方は、
経年劣化によるトラブルが起こった際に高い費用を払うリスクがあると理解された方が良いと思います。


外壁の劣化を知りながら放置していると、
主に5つのトラブルが起こりやすいです。

5つのトラブル

【塗装が剥がれたまま】

ひび割れた隙間から風が入ったりするので、部屋の温度調節にかかわってきます
夏は外部の熱気が部屋の中に入って暑くなり、冬は冷たい空気が入るので温度調整にお金がかかります。
機能性が高い塗料を使うと様々なダメージから家を保護でき、光熱費の削減にもつながります。

【カビの発生】

塗料が剥がれるとカビが発生しやすくなり、悪臭の原因にもなります。
また、カビがアレルギーの原因になり、特に未熟な赤ちゃんや高齢者がいる家庭では注意が必要です。

外壁塗装や屋根塗装で建物内に入る雨水を防ぐと、
湿度の上昇を抑えることでカビの繁殖を防ぎます。

カビは家の築年数に関係なく湿度や栄養、温度が揃うと一機に増えるので厄介です。
そして屋根や外壁に目立つカビがあると、見た目が悪くなり家の資産価値も下がってしまいます。

【建物の腐食】
塗装部分剥がれて雨水が建物内部に入ると、家の劣化につながります。
雨水は建物の敵で、建物の内部に水が浸入すると腐食が起こる原因になります。
そして木材の腐食は建物全体の強度を低下させ、様々なトラブルを引き起こします。

外壁は風や雨、紫外線の影響を受け続けているので定期的なチェックが必要です。

【防水機能の低下】

外壁の劣化に気付いているのに何もしないで放置していると、
塗膜が劣化して本来の防水機能が低下していきます。

塗料は、一旦剥がれてしまうと一気に劣化が進んでいきます。

塗装の表面から徐々に劣化の侵食が始まり、
建物の材料や基礎部分まで劣化していきます。

早めに対処が出来れば安い補修費用で済む可能性が高まりますが、
外壁の内部まで劣化が進んでしまうと外壁材を交換することになり高額な費用がかかります。

【腐食の連鎖】

腐食が建物の内部にまで広がってしまうと、最悪の場合家を建て直す必要も出てきます。

外壁塗装は雨水や紫外線を防ぐ重要なものなので、劣化する前のメンテナンスが必要になるのです。
早めにメンテナンスをすれば、雨水が内部に侵入する心配がなくなります。
雨水や外部の刺激から保護できれば、建物自体の寿命が延びるのです。

実際に三洲リファインが塗装の施工に入る際には、
外壁部分の劣化は家によって異なるので、外壁全体の状態を正確に把握してから塗装を行います。

御見積は完全に無料ですので、
気になるところがあるなら一度相談してみてください。