シャッター塗装

住宅の外壁塗装をするタイミングで、シャターや倉庫の塗装を依頼されることもあります。

注意が必要なのは、
シャッターの塗装であれば自分で出来ると思い、ご自身で塗装をされる方が結構いらっしゃることです。

たしかに、シャッターがサビたり色褪せたりしている状態は、美観的にも悪く、せっかく建物をきれいにしても見た目が悪くなってしまう箇所になります。

しかし、シャッターは、開閉するという作業があるためしっかり塗装を行わないと本来の機能を損なってしまう恐れがあります。

塗膜の厚さだったり、凹凸のある部分にたいしての塗装技術が必要だったりと、注意が必要です。

経験がない職人だと断られることがあるくらい、
塗装職人でも気を使うものなのです。

安易な考えで、ご自身で塗装をしてしまうと後から取り返しのつかないことになることもありますので注意してください。

しかし、

スチール製の、塗装が施されたシャッターであれば当然のことながら経年劣化で塗膜が剥がれてしまいますし、塗膜が剥がれてしまえば錆びによる腐食を引き起こしてしまう事にもなりますからどうしても定期的な塗装メンテナンスが必要となってしまいます。

シャッターは、外壁や雨樋と違って開閉の度に動くものです。シャッターは雨戸などと違ってシャッターボックス内に巻かれて収納される仕組みなので、部材同士がぶつかって塗膜がダメージを受けやすくなっています。
このようにシャッターは動きが大きい部分だからこそ、その動きによって塗膜が剥がれやすくなってしまうのです。

シャッターは外壁や雨樋などに比べて、塗装も剥がれやすく錆びやすい箇所になるので定期的なメンテナンスが必要になります。

シャッター塗装の目安

・チョーキング

触ると白い粉をふいている状態

塗膜が劣化して粉をふくトラブルは「チョーキング現象」「白亜化現象」と呼ばれ、塗装が必要となる代表的な劣化のサインです。シャッターを開閉する際に手や服に粉が付いて困ることもあるでしょうから、このトラブルが現れたら塗装を検討しましょう。

・サビが出ている

塗膜が剥がれ、防水性を失ってしまったシャッターは金属の大敵である錆びを発生させていしまう原因にもなり得ます。
 はじめは一部の錆びだったとしても、錆びは徐々に広がっていくので注意が必要です。あまりにも錆びがひどくなると腐食による穴あきや変形など機能面にも悪影響を及ぼしてしまうため、早めに塗装を行って対策しておくべきです

・塗膜のはがれ

シャッターを頻繁に開閉するご家庭ほど、表面の塗膜は劣化しやすくなります。
シャッターの塗膜が剥がれると、とても見栄えが悪くなってしまいますよね。住宅の美観を気にされる方も、塗膜が剥がれるようになってきたらシャッター塗装を検討すると良いと思います。