【塗り替え前にしっておきたい!!】

自分に建物の延べ床面積や、土地の面積を把握している方は結構多いと思います。

しかし、塗り替えや外壁リフォームが初めてのかたですと、屋根や外壁の面積を把握していないことが多いです。

そういった方のために、おおよその面積の求め方を紹介します。

特に、外壁塗装に関しては、外壁の面積によって塗装面積が変わってくので費用に関わってきます。

塗料を塗る面積が大きければ金額は上がりますし、面積が小さければ安くおさまるのは当然のことです。

塗料を塗る面積が広ければ塗料の使用量も多くなりますし、職人の数も変わってくるかもしれません。

お見積もりの段階でも、面積あたりの金額を出すのが通常です。

業者が現地立会いに入れば、メジャーやレーザーを使い、実寸を測るのでよっぽどどの業者が測っても差異はないはずです。

外壁の面積をメジャーではかるにも、脚立を使い結構な時間がかかります。

では、お客様が測ることなく外壁面積を把握するにはどうすればよいかというと、

延べ床面積×1.1〜1.4が大体の外壁の面積だと言われています。

建物の図面があればより正確な外壁面積を求めることは出来ると思いますが、
建物図面がない場合に業者からの見積もりで総面積を見る際の参考にしていただければと思います。

【屋根の面積の求め方】

面積の求め方でいうと、外壁よりも屋根の方がお客様自身では測りにくいですよね。

この場合も、実測しなくてもおおまかな面積を出す計算式があります。

比較的屋根の勾配がゆるやかな屋根の一軒家の場合

床面積×1.1

屋根の勾配が急な場合の一軒家の場合

床面積×1.2

こちらがおおまかな屋根の面積の求め方です。

もちろん建物の形状によってもかわってきますので、
最終的には信頼できる業者さんが実測した数値が正しいと思っていただいた方が良いかと思います。

おおまかな面積の求め方はあくまで参考程度に覚えておいていただき、
見積もりの面積があまりにも計算式からかけ離れているようであれば再計測や説明を求めた方が良いかもしれません。