【注意点がたくさん】

この記事を読んでいる方は、
建物に対して、10年ほど前に1回目の外壁塗装を行った方でしょうか?

1回目の外壁塗装は初めての事で色々調べられてご苦労があったかもしれません。

今回は2回目の外壁塗装ということで、
1回目に調べた知識を思い出して業者選びや施工方法を前回より簡単に決めれると思って油断していませんか?

2回目の外壁塗装は、注意するところがたくさんあります。

なぜなら、2回目の方が経年劣化による補修箇所が増えてきている可能性があるからです。

【補修か塗装か交換か】

2回目の外壁塗装を行う場合、20年前後は経過している建物がほとんどかと思います。

そうなってくると、

・コケ、カビの繁殖
・外壁材の浮きや反り
・色褪せやチョーキング
・シーリングのひび割れ
・外壁材のクラック
・外壁材の剥離

などが現れやすくなってきます。

部分的な補修で対処できるようなものであれば、
部分補修を行い塗装作業に入れば良いのですが、

全体を見渡した時に補修の箇所があまりにも多かったり、剥離している箇所が大きかったりすると
外壁塗装ではなく、外壁材の取り換えの方が安くなる場合がございます。

1回目の外壁塗装では見られなかった建物の痛みなどが現れやすくなっていますので、
しっかり調査をして現状に合わせた外壁メンテナンスを行う必要があるのです。

また、塗料選びに関しても、1回目の塗料との相性もあったりするので、2回目以降の塗料選びには注意が必要です。
しっかり経験のある職人であれば良いのですが、
気にせず塗ってしまったことで塗料の浮きや剥がれが出やすくなってしまう事もありえますので注意してください。

少なからず1回目の外壁メンテナンスの時より、
建物自体のダメージの蓄積は進んでいますので建物の寿命を維持するためにもしっかりとした調査をオススメします。