【雨樋の塗装】

梅雨のある日本の建物には昔から雨樋が取り付けられています。

雨樋が設置されていない家はほとんどないでしょう。

家の周りにあえて水の通り道を作ることで、屋根や外壁の排水に非常に役に立っている部分なのです。

雨樋は日や風がずっと当たり続け、さらに雨水が大量に流れる部分なので、
基本的に塩化ビニール樹脂やガルバリウム鋼板など、強固な素材で作られています。

しかし、永遠に使用できるものは無く、雨樋も必ず劣化します。
素材によって劣化していくまでの期間の幅はありますが、雨樋の寿命は大体20~25年ほどと考えておいた方が良いでしょう。

また、雨樋に塗装が必要かどうかという点に関しては、

基本的に雨樋の不具合は塗装で解決することはありません

雨樋塗装の目的は、「美観」が目的であると考えてください。

寿命が20~25年ほど持つとされ比較的丈夫な素材で出来ている雨樋ですが、
経年劣化で見た目が古びた感じになってしまうと、外壁塗装をした時に雨樋の見た目の古さが気になってしまう事が多いのです。

それを塗装で外観を整える必要があるのです。

ただ、下地処理をしっかりしないと塗料が綺麗にのらないため、
雨樋の塗装も技術と経験が必要になります。

あくまで美観目的の塗装になるため、
費用を抑えたい方は雨樋の塗装を省くことで少し費用を削減できるかもしれません。

また、下地処理を行い塗装で美観を求めるよりも、古い雨樋を一式交換した方が安くなる場合ももちろんあります。

現状を把握したうえで見積もりを見て頂き、ご判断を頂ければと思います。

どちらの選択肢が良いかというのはケースバイケースの面がありますので、
難しいところです。

【外観の一部としての雨樋の役目】

雨樋を交換するにしても、塗装するにしても一点気を付けた方が良いことがあります。

それは、外壁塗装との調和です。

外壁に馴染むような色味にするか、
雨樋を外観のアクセントとして使うかによって外観の見た目が変わってくるので注意が必要です。

雨樋まで塗装する場合は、外壁と同じ色で塗ってしまえば外壁とも馴染み、雨樋は目立たなくすることが出来ます。

雨樋を交換する場合で馴染ませたい場合には、事前に外壁塗料に近い雨樋があるのかの確認が必要になってきます。

交換するにせよ、塗装で美観を保つにせよ、外壁塗装で足場を組んだ時に雨樋の事も考えた方が効率が良いので、
外壁の塗装をお考えの際は、周りの建具の劣化具合にも気を配った方が良いでしょう。