【冬場の外壁塗装】

外壁塗装に適した季節というとみなさんいつ頃を思い浮かべますか?

雨がダメそうだという事は思いつきそうですよね。

なるべく梅雨時期を外して、外壁塗装は一年中行う事が出来ます。

湿度が高くなく、気温も高めの方が良いに越したことはないのですが、
気温も高すぎてはダメですし塗料の性能が上がってきたおかげで冬場でも外壁塗装は行えるようになってきています。

特に東海地方の三洲リファインが得意としている地域においては、
雪が降り続くこともそれほど多くはないため、冬場でもスケジュールが立てやすいと言えます。

また、気温が-5度以下が続くこともよほどのことがないかぎり考えにくいですよね。

もちろん、気温が低いと塗料の伸びが悪くなってしまったり、塗料の渇きが通常よりも遅くなってしまったりということもあります。

冬場の外壁塗装は、経験やコツが必要なのです。

三洲リファインの職人は東海地方のどんな環境下でも仕事をおこなってきておりますので、
安心してお任せください。

冬場には冬場の施工の方法があります。

東海地方の冬場は特に、スケジュールが立てやすいと言えると思います。

雪が毎年降り積もるわけではなく、冬場は雨も少ないので、外壁塗装の計画が立てやすい時期ともいえるのです。

このように気温の変化や地域の気候の特性を把握していれば、
スケジュールを工夫して段取り良く外壁塗装を進めることが出来ます。

乾燥している冬は、湿度が85%を超えることが少ないため、
塗料の渇きも良く気温の低さで乾燥に時間がかかる点を除けば、塗り替えに適した季節でもあるのです。

【冬場の外壁塗装まとめ】

屋外作業である外壁塗装は、
雨や雪などの天気だけでなく気温や湿度にも注意しながら作業を進めていくことになります。

冬場の外壁塗装は、地域によっては低すぎる気温や雪などの気候が施工の障害になることもありますが、
東海地方の冬は、夏に比べると、湿度や雨が原因でスケジュールが乱れにくいというメリットもあります。

もしかして冬場は外壁塗装が出来ないと思っていたお客様は、是非お休みの機会に自分の大切な建物を点検していただき、

少しでも気になる所があればお気軽に三洲リファインまでご相談ください。