【ガルバリウム鋼板のメリット】

鋼板とは鋼を板の形に加工したもので、
ガルバリウム鋼板はその板をさらに金属メッキで加工したものです。

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン(ケイ素)1.6%の比率で出来ています。

従来の鋼板より強い耐久性を持ち、さまざまな用途に応じて活用できる画期的な鋼板として近年建物の建築材として普及しています。

「ガルバ」、「ガルバニウム」、「ガリバリウム」などの呼び方が用いられる場合もあります。

ガルバリウム鋼板のメリットは、

・錆びにくい

・耐用年数が長い

・軽量で耐震性がある

・加工しやすくデザイン性を上げられる

といった点が挙げられます。

ガルバリウム鋼板は金属ですが、錆びにくいという特徴があるため、屋根材に向いている素材と言えます。
古くから屋根材として使用されてきたトタンの数倍程度の錆びにくさと言われています。

ただし、絶対錆びないというわけではなく、稀にですが酸性雨や雨が乾きにくい環境などが影響し錆びることもあります。

そして、屋根材や外壁材に使用する素材の中では、
比較的耐用年数が長いともいわれています。

トタンの場合は10~20年くらいが寿命とされていますが、
ガルバリウム鋼板は20~30年以上は耐久年数があるといわれています。

なおかつ、厚みは1~3mmほどしかなく、薄く軽量です。

耐震対策を考えている方は、ガルバリウム鋼板を屋根や外壁に使用する傾向があります。

【ガルバリウム鋼板の塗装】

ガルバリウム鋼板を塗装する前には、高圧洗浄機を使い鋼板の表面を削ります。

ツルツルだった表面をわざとザラザラにするのです。

サンダー、スクレーパーなどの道具を使って錆びがある部分は除去作業をします。表面をザラザラさせることで表面積を増やし、塗料の密着力を上げるのです。

表面がザラザラになったら、
表面に下地用の塗料(プライマー)を塗り、
整ったら「中塗り」、「上塗り」をしていきます。

ガルバリウム鋼板は薄くて熱を伝えやすいという特徴があるため、遮熱塗料を使うのが良いかもしれません。

このように屋根材の素材ごとに塗り方の手順が変わってくるので、屋根材や外壁の塗装は経験が必要になってくるのです。