【塩害とは】

塩害という言葉は、愛知県の中心部に住んでいる方はあまり意識したことはないかもしれません。

主に、愛知県でも、海のそばに住まれている方は注意が必要です。

海沿いに住む人が外壁塗装をおこなう場合、
塩害がつきものです。

塩害が塗装をする箇所の劣化を早めるだけでなく、金属製の外壁材を腐食させるなど、悪影響を建物にあたえます。

塩害は、海沿いで生活する人にとっては悩みの種といえるのです。

塩害とは、
海水に含まれる塩分が潮風に乗って建物まで運ばれてきて生じる現象です。

【塩害による影響】
塩分は建物に付着することで、その箇所を劣化させる性質があります。
このせいで、付着箇所が錆びついてしまうだけでなく、腐食が進行していくと穴が空いてしまうなど被害がひろがっていく可能性があるのです。

塩害被害が特に発生しやすい箇所は、外壁や屋根、玄関といわれます。

このほかアルミサッシや雨戸、シャッター、門扉などの金属部分はもちろんのこと、木材やコンクリート壁など、非金属部分にも影響が出るため注意が必要です。

塩害によって建物の一部が劣化した場合、
そこから雨水が侵入し、住宅内の電気系統全体をショートさせてしまうことも考えられます。

このように塩害は生活環境全体に影響を与える可能性があるのです。

【どのくらいまで塩害の被害は出る??】

塩害は当然、海に近いほど影響を受けやすくなります。
特に海から5キロ圏内に住んでいる場合は、なんらかの塩害対策を講じることが必須だといえます。

また、塩害は潮風によってもたらされますので、
風向きなどの条件によっては5キロ圏内でも被害が出ないケースもあります。

その反対で5キロ圏外に住んでいても、強い風に乗って塩分が運ばれることもあるため、内陸部に住んでいるかたも油断は禁物です。