【ツートンカラーはどうでしょうか?】

外壁塗装を行う目的として、外壁材の防御能力をあげるという事が前提にあります。

他にも、外観の美観を取り戻すという目的もあります。
もしかしたら、最後に悩むところは外観の色味のほうで悩む方の方が多いかもしれません。

たしかにマイホームをイメージできるチャンスですので、
色味にこだわりを持つことは大切かもしれません。

塗料の中から、メインとなるカラーを選んだら、もう一色選んで、ツートンカラーにしてみてはいかがでしょうか?

ツートンカラーは、単色よりも建物の見た目をおしゃれに見せることが出来ます。

そうはいっても、2色を選ぶことになるので、色の組み合わせが難しいと思われる方もいるかもしれません。

たしかに外壁塗装におけるツートンカラーは色の組み合わせや配色の割合を間違えると失敗してしまう可能性もあります。

【ツートンカラー配色の基本】

難しいと思われがち外壁塗装のツートンカラーですが、
基本のポイントを押さえれば決して難しくはありません。

外壁塗装でツートンカラーをおしゃれにするコツは、
片一方の色味をホワイトやベージュ、グレーなどのほかの色味と合わせやすい色にすることです。

この3つの色味は、ほかのどんな色味とも合わせやすいという特徴があるのでごちゃごちゃしたイメージや全体のまとまりのなさを回避してくれます。

また、色を使う面積の割合についても気を遣いたいです。
外壁塗装を上下で色味を分ける場合には、なるべく上の方に明るめの色をもってくると良いかと思います。

明るい色を上に持ってくることで、建物全体を大きく見せる視覚効果もあります。

外壁塗装をツートンカラーにする際の割合としては、6:4か7:3ぐらいがおススメです。

5:5で分けてしまうと、どの色を使っていても全体で見た時にバランスが悪く見えてしまいます。