【建物の天敵】

雨風にさらされている外壁にはメンテナンスが必要!!
という言葉をよく目にしますが、実は紫外線という天敵がいます。

太陽光に含まれる紫外線は外壁を劣化させます。

実は外壁材の塗料は、紫外線によってうけるダメージが一番でかいのです。

なぜなら晴れの日だけでなく、曇りの日でも建物は紫外線の影響を受けています。

塗料から白い粉をふいてしまっている状態は、紫外線によってダメージを受けた塗料の劣化の現れです。

恐ろしいことに紫外線が、建物のもつ防御機能を低下させてしまうのです。

【人間と建物も一緒???】

人間でも紫外線を防ぐために日傘をさしたり、サングラスをかけたりしますよね。

建物も、紫外線を浴び続けると劣化がはじまってしまうのです。

人間と建物の違うところは、状況に合わせた対応が出来る人間と違い、
建物に関しては、人間が対策を何もしなければ劣化だけが進んでいってしまうというところにあります。

・色褪せ
・チョーキング現象
・屋根のひび割れ
・シーリング材のひび割れ

色褪せは、紫外線が色を分解する作用によって引き起こされます。

チョーキング現象に関しては、白亜化現象とも呼ばれ紫外線や風によって塗装面に劣化がおこり、
塗料の中の顔料がチョークのようになって表面にあらわれる事をいいます。

このように、紫外線は建物の外壁を劣化させてしまいます。

外壁の劣化がおきるとなぜ恐ろしいかというと、
建物の内部に湿気が侵入しシロアリや雨漏りの被害が出てくることがあります。

どれほど外壁塗装して防御しても、
晴れの日も曇りの日も毎日紫外線の影響をうけて劣化を繰り返しているのです。

突然劣化が始まるという事ではないので、
やはり定期的なチェックと定期的なメンテナンスはかかせません。