【台風】

四季がある日本に住宅を建てた以上、
自然災害が住宅に損害をおこす可能性も把握しておかないといけません。

外壁や屋根、住宅の具材に多大な影響を及ぼす可能性のある台風は本当に気を付けなければいけません。

台風がどれぐらいの強さでどのくらいの回数がおとずれるかは地域によって平均がことなりますが、三洲リファインが主に活動地域としている東海地方においては、台風の影響が0というわけではないのである程度考慮された家づくりになってはいます。

しかし、想定をされている以上の台風が来ると、雨漏りが発生したり屋根の具材が剥がれたりと建物の一部が破壊されたりしてしまいます。

また、建物自体、紫外線や風雨による経年の劣化がありますので例年並みの台風で油断をしているときに、雨漏りが発生してしまったり屋根の具材が壊されたりすることがあります。

【平常時の定期的なチェックが必要です】

実は、台風で被害をうけたという建物をあとから修繕にはいってみると、事前のチェックをしていれば防げたであろうという案件が結構あります。

定期的にチェックするのが大切ですが、台風シーズンの前には特に念入りにチェックした方が良いことが分かります。

《屋根の劣化に関して詳しくはコチラ》

・雨どい部分のはずれ
・屋根材のはがれ
・カーポートの破損

こういった部分を事前に確認し、補修できるところは補修しておくと台風の被害が最小限に抑えることが出来るかもしれません。

いずれにせよ、外壁や屋根もメンテナンスフリーで一生を終えるというわけにはいきませんので、以前のメンテナンスからある程度の期間があいたら定期的に業者にみてもらうのが一番の方法だと思います。

台風による外壁の被害は、全てが事前チェックで防げるというわけではありません。
台風以外でも想定外の突風で被害が出るようなこともありますし、
何が物が飛んできてぶつかるというような被害は自分たちの注意だけでは防ぎようがありません。

台風以外の突発的な強風に関しては、台風が通り去った後にも、何か建物本体に変わったことはないかのチェックをすることで被害を抑えることは出来るかもしれませんね。