【悩みの種の色決め】

外壁塗装をする際、一番に悩むのが外壁塗装の色決めです。

予算内で、オシャレな色を使いたい気持ちは分かります。

ただ、たくさんの色味を使いすぎても全体にごちゃごちゃしてしまいますので、
基本の色使いとしましては、2種類でまとめるのが良いと思います。

そこに、差し色で部分的に3色目を入れていくと全体的にしまって見える印象です。

好みもあると思いますし、近隣の建物との兼ね合いや調和もありますので一概には言えませんが参考にしてもらえると幸いです。

《イメージを左右する色選びについてはコチラ》

【建物の構造によっても変わってきます】

建物の構造によっても色の選び方や、差し色を使う場所が変わってきます。

バルコニーの位置や玄関の位置など、部分的アクセントとして塗料を塗れる場所によって、塗料の見え方も変わってきたりします。

外壁部分の見える面積を気にしてみると良いかもしれません。

【色のイメージ】

ブラック・ダークブラウン

高級感や重厚感を持たせる色味です

ダークブルーやダークグリーン

高級感のなかに、少しスタイリッシュなイメージを持たせる色味です。白との相性も良いので、
土間コンクリートとの全体的な色の相性をみてもオシャレにみえるはずです。

ホワイト・オフホワイト

洗礼され、デザイン性を持たせる色味といわせています。
建物全体の色味をスタイリッシュに見せ、オフホワイトをとりいれると優しいイメージを持たせることも出来ます。

ブラウン系

優しく、自然な色味であるため、芝生や植栽との相性も合うはずです。

白とブラウン系の塗装だけだと、地味目な印象を持たれる可能性もあるので、少し差し色を使ってみると全体的に見た時にしまって見えます。