【耐久年数は???】

屋根塗装の耐久年数は、
耐久年数の短い塗料で5年、長い塗料で20年以上になります。

しかし、個々の建物の状況はさまざまなので、塗料の耐用年数の通りの年数までしっかり効果を発揮し続けるかといえばそうとは限りません。

最近では耐久年数が5年といった短い塗料は使われることが少ないので、10年〜15年が耐久年数の目安と言われます。

10年程度を目安にして塗替えを検討された方が良いかと思います。

【屋根の劣化事例】

塗料の塗膜が雨や風や紫外線により劣化してくると、目に見える劣化として症状が現れてきます。

・色あせ

経年の劣化により塗膜の表面が色あせしてきます。見た目が悪くなるだけでなく、塗膜自体の効力も落ちているので、防水性が低下しコケやカビが生えやすくなります。

・コケや藻

屋根の防水性や撥水性能が薄れてきたことにより、屋根に水分がたまりやすくなり、屋根の湿気が高くなりコケや藻が生えます。

・凍害

塗料の塗膜の防水効果が薄れることで、滞留した水分が寒くなった夜間に凍結し、またそれが溶けることでひび割れを誘発します。

・ソリ

屋根材の、水分の浸透と乾燥を繰り返していると起きる現象です。
屋根材が反り返り、その隙間から雨水が侵入し、雨漏りの原因になります。

【屋根塗装なにを選べば良い?】

塗料にもいくつか種類があります。

それぞれ耐久年数も変わってきますが、

耐久年数が高いものはもちろん値段も高くなります。塗料のもつ性能も高いものが多いです。

かといって、屋根材本体の寿命より長い塗料を塗ってももったいないですよね。

屋根自体の寿命を30年とすると、
10年持つとされる塗料を2回塗り替えるか、15年持つ塗料を1回塗るかという選択肢になります。

ただ、建物の環境自体によってかなり左右されますのでプロから見てどういった塗装プランが建物に合っているのかというアドバイスをさせて頂きます。

是非お気軽に三洲リファインの無料相談・無料点検をご利用ください。