【壁面のカビにお困りのお客様】

外壁材自体がもつ性能の衰えが始まると、
外壁自体に目に見えて変化が現れてきます。

その1つが壁面に現れるカビです。

壁材がもつ撥水・防水の機能が低下したことによって、壁の水はけが悪くなってしまい建物の立地状況によってカビやコケの症状となって現れてくるのです。

今回ご相談を頂いた東郷町のI様も壁面全体に出来たカビにお悩みの様子でした。

【東郷町 I様】

以前に他社の施工で塗装を施してあったが防水性が低く、結果的に建物の壁面全体に膨大なカビの発生と激しい外壁の痛みが出てきてしまっていた。

見た目も悪くなってきて、悩んでいたが今回ご相談を頂き、高圧洗浄によるカビの除去と高防水性能の塗料により、完成後はご夫婦様もご満悦頂いた。

壁全体に広がるカビの様子
以前に施工した塗料の性能が劣化しており、
広範囲にカビの発生が起きてしまっていました。

建物全体をしっかり覆うように足場と養生ネットを組み、
高圧で洗浄を掛けました。

おかげでもともとあったカビもきれいになり、高性能塗料を塗ることで新しく壁面にバリヤーが出来ました。

同じ構図で見比べてみるとその差は歴然です。
施工前
施工後

カビを綺麗に除去したことで建物全体も明るくなりました。

建物に出来たカビを放置すると、建物の見栄えが悪くなるだけでなく、
内部まで侵食してしまう可能性があるので早めの対処が必要です。

立地状況に時期によっては、広がっていくスピードも早い場合があるので
全体に広がる前に一度ご相談をください。

今回の東郷町外壁塗装完了後、ご満足頂き写真を撮らせて頂きました。
有難うございました。