劣化しやすいコーキングの施工箇所

コーキングの施工とは、
弾性のある補修材を外壁材の隙間に充填し、外壁の劣化や雨漏りを予防することです。

弾性のある補修材と文字でお伝えするとイメージがしにくいかもしれませんが、
ゴムのような素材で外壁材の隙間を埋めるような形で施工してあります。

外壁のコーキングは、外壁材の劣化や雨漏りを予防するために必要な工程の一つです。
コーキング材は弾性があるため、外壁にコーキングをしておくことで、住宅が横揺れした際の外壁材のずれやひび割れを防ぎます。
また、コーキング材は防水性もあるため、外壁材の隙間に充填しておくことで雨漏りによる住宅劣化も防げるのです。
コーキングは、主に外壁材の隙間の充填や、ひび割れた箇所の補修に行われます。

弊社職人のコーキング補修の様子

外壁で発生するコーキングの劣化症状には、主に以下の3つがあります。
・剥がれ
・ひび割れ
・欠け
そして、外壁のコーキング補修には、主に2つの方法があります。
・打ち増し
・打ち替え
外壁のコーキング補修は高所作業も伴うため、外壁塗装や外壁メンテナンスを行うときに一緒に施工するのが一般的です。
外壁のコーキングは雨漏りや住宅劣化を防ぐための大切な工程なので、
あなたの建物の寿命を延ばすためにも三洲リファイン株式会社にお任せください。