気を付けたい点

一生キレイな外壁でいてくれることを、本当は希望したいですが、外壁には汚れてしまう原因がたくさんあります。

・紫外線

・雨風

・ホコリ

・細菌

・排気ガス

などが外壁が汚れる主な原因になります。

また、上記のような直接的な原因ではなく、

・家同士が近くて日陰になりやすい

・湿気が生まれやすい。

・雨が多い地域

・日照りが多い地域など

建物が建っている環境によっても変わってきます。

外壁の塗装をする際には必ず外壁洗浄に入ります。

洗浄は外壁にとって、とても大切なものなのです。

汚れが付いたとしても、今すぐどうにかなるわけではないですが、汚れを放置することで、建物に対してデメリットがはたらく要因になります。

弊社職人の洗浄の様子

外壁のメンテナンス前にしっかり外壁の洗浄を行います。

例えば、ものすごく汚れている外壁の上から、洗浄作業をせずに塗料を塗った場合はどうなるのでしょうか。

・汚れが凸凹を作って塗装にムラができてしまう

・汚れが剥がれた場合は塗装も一緒に剥がれる

これらが発生し、せっかく高いお金を出して塗装をしたのに、まったくの無意味になってしまいます。

外壁の洗浄というと、単純に水洗いをするだけと思われがちですが、そうではありません。

外壁にこびりついた汚れを落とすには、高圧洗浄機で水圧をかけて落としたり、カビ・コケなどが生えていれば専用の薬剤を使用することもあります。

また、築年数が経っている建物であれば、外壁に塗られた塗料の効果が弱まってくるタイミングなので、その状態で不用意に洗浄を行えば、既存の塗装が剥がれてしまう場合があります。

塗装がはがれるだけでなく、劣化している建物が高圧洗浄の圧によって破損してしまう事も考えられます。

ただ単純に水を使って洗うのではなく、建物の状態に合わせた洗浄が必要になってくるのです。