大切な下地処理作業

下地処理とは、補修作業やケレン作業、洗浄作業を含めた一連の作業の事を言います。

簡単にいうと、外壁塗装をするときに塗装面を綺麗に整えることで、
塗料が乗りやすくして、外壁塗装の完成がキレイに見えるようにする作業です。

外壁塗装に関しては、この下地処理が命ともいわれており、
壁材の種類によっても処理方法が変わってきます。

《外壁がモルタルの下地処理》

目地がある外壁の場合は、ひび割れが起きているケースが多いので
コーキング材で下地処理します。

モルタルの外壁で多い、
ヘアークラックといわれる「髪の毛のように小さなひび」に関しては、
基本的に下地調整剤できれいに埋めることができます。

また、モルタルに関してもやはり最もひび割れが多い箇所が、サッシまわりになります。
家の構造上、サッシは後付けがほとんどなのでどうしてももろくなってしまいがちで、腐食が進みやすい箇所なのです。

雨漏り防止のためにも、
塗装前にしっかりとした補修処理を行う必要があります

モルタルの下地処理方法としましては、
モルタルの外壁自体をサンダーと呼ばれる工具で削り、Vカット処理やUカット処理を行ないます。
そこに下地をつくり、まわりの壁に合うように補修していくといった専門の知識と経験が必要となるケースがあります。

ただヒビや穴を埋めれば良いというわけではありません。

下地処理が耐久年数も左右する

塗装作業を行うにあたり、しっかりと下地処理を行うことで、
塗料自体の耐久性も向上し、塗料の性能がしっかりと発揮されます。

塗料の品質も近年では凄い向上をしていますが、
下地処理を丁寧に行うことが大前提です。

塗料のメーカーさんとの話題にも出るのですが、
どんなに質の高い塗料を使っても、下地塗りの作業をきちんとしなければ、
質の高いトップの良さが全く活かされず、耐久年数も短くなってしまいます。

また丁寧に下地処理をすれば良いというわけではなく、
きちんと外壁の素材に合った下処理をしてあげないと、結果的に後から不具合が起きてしまいます。

塗装工事後の家全体の価値を左右する質の高い塗装を求める場合は、
是非三洲リファインにお任せください!!!