【屋根の劣化】

よほどのことがなければなかなかご自身で見る機会がないので、
ご自宅の屋根の状況を把握している方が少ないのが実態ですが、

一番直射日光や雨をうけている場所がどこかを考えてみるとわかるように、
屋根材に劣化が見え始めると、建物の躯体自体に影響を及ぼす可能性が高まります。

屋根にサビや剥がれが出てきていると大変危険です。

近くにご自宅より高い建物でもあればチェックも出来るのですが、

・新築から年数がたっている
・前回のメンテナンスから年数がたっている

このような方は、まずは三洲リファインにお問い合わせを頂き、
無料の現状チェックを受けることをお勧めします。

屋根はご自宅の中で、一番外的要因の負担を受ける場所です。

つまり、屋根は外壁よりも劣化のすすみが早い箇所であり、
なおかつ建物の資産価値をキープするために最も重要な箇所でもあるのです。

遠目からご自宅を見るか、高いところからご自宅を見た時に、

・屋根が白っぽくなっている
・ヒビが見える
・コケが発生している

このような症状が見える場合、
高い確率で屋根の防水機能が低下しています。

表面の塗膜が劣化して、十分な機能を発揮していない状態です。

すぐに施工をしなければ生活に支障をきたすわけではないと思いますが、
このまま放置は大変危険です。

雨漏りという実際の被害が出てしまうと、
雨漏り箇所の被害の特定や内部の腐食により余分な費用が掛かってきます。

建物からの合図を見逃さず、
定期メンテナンスを行いましょう。

屋根が綺麗な状態だと、
外観も綺麗に感じますよ。