【屋根からの漏水】

前回は、壁面からの漏水についてブログを更新させていただきました。

《雨漏りの原因についてはコチラ》

強風で屋根に何か物が飛んできてしまい屋根に穴が空いてしまった。

など、こういった物理的に屋根材が壊れてしまうことが原因の理由以外にも、
経年劣化が原因でなってしまうことが多いのが屋根の漏水です。

屋根を塗装する際には、縁切りという作業を行うことがあります。

これは外壁の塗装の際には行わないものになるのですが、
屋根の塗装作業の際には非常に重要な工程になります。

この縁切り作業を行うことで雨漏りのリスクを軽減出来るのです。

この縁切り作業は、瓦屋根や板金屋根には行いません。最近の屋根にはよく使用されている、コロニアル・化粧スレート等で呼ばれている屋根材が使用されている時に行います。

屋根材は、構造上上下に重なり合って葺かれています。

新築で施工された屋根というのは屋根材の上下の重なりに隙間が確保されているのですが、
数年後に塗り替えを行なった際に塗装の厚みでその隙間が塞がれてしまうのです。

コロニアルは、横向きの継ぎ目部分から侵入した雨水を、上下の重なりあった屋根材の隙間から排水出来るように設計されているので、その隙間が塗料で塞がってしまっていると排水がうまくいかず雨漏りに繋がってしまうのです。

お客様の屋根塗装が、縁切りが必要な屋根材なのかどうかというのも、
三洲リファインでしっかり現地調査をさせていただきます。

壁面の劣化に関してもそうなのですが、
小さな劣化であれば、部分補修で済むこともありますし、
建物内部の重要な部分への侵食も早めの対策をすることで防ぐことができます。

人間の体と似ていますよね。

もしご自宅の外壁に変化を感じたら、お早めに三洲リファインの無料点検までご連絡ください。