【雨漏りしてしまったら】

雨漏りを確認した場合、
一般的にまずは屋根を疑う方が多いと思いますが、
実は屋根だけでなく外壁からも雨漏りは発生します。

外壁から雨漏りが発生している場合、
原因特定作業はなかなか難しい場合が多いです。

外壁の雨漏りの原因として一番多いのがヒビ割れ(クラック)です。

そのヒビ割れ(クラック)に雨水が染み込んで雨漏りを引き起こします

外壁に細いヒビ割れを確認していても、
日常生活に支障はないからと放置しているとそれが雨漏りの原因になってしまうのです。

外壁からの雨漏りは、
普段から雨漏りを確認していなくても細い隙間から徐々に雨水が染み込んでいることがあります。

気づかないうちに徐々に染み込んでいっている場合には、
建物自体の腐食も進んでいて、住宅の重要な部分にダメージを受けているということもあります。

また、外壁から退い雨漏りの原因として、
クラック以外にも外壁のコーキング部分
が割れてしまっており、そこから雨漏りを引き起きてしまうケースもあります。

紫外線によって起こりやすいコーキングの劣化も、
定期的に確認をしていないと取り返しのつかない腐食の原因になりかねません。

・小さな外壁のひび割れ
・コーキングの剥がれやひび割れ

この2点は専門的な業者じゃなくても目に見えてわかる劣化なので、
ぜひ気にかけておいてください。

小さな劣化であれば、部分補修で済むこともありますし、
建物内部の重要な部分への侵食も早めの対策をすることで防ぐことができます。

もしご自宅の外壁に変化を感じたら、お早めに三洲リファインの無料点検までご連絡ください。