【現在の外壁の状態を把握していますか?】

外壁のメンテナンスのタイミングって難しいですよね。

そもそも、日常生活を行う中で、ご自宅の外壁をまじまじと見ることってなかなか無いと思います。

タイミングの目安の話をするとなると、

一般的には、10年前後と言われていますが、
目に見える被害が出てこないとなかなか外壁補修の業者を探さないという方が多いのが実際のところです。

しかし、

・雨漏れがおきてしまった

・外壁にこながふいてきている

このように目に見える被害が形となって出てきてしまってからでは、
外壁の補修・メンテナンスのタイミングとしては遅かったと言えます。

雨漏れはもちろん修理・補修しなければいけませんし、こなが吹き始めてしまった外壁材も、もともともっている機能は低下していると思われるので対処しなければいけません。

こうした被害が実際に出てくる前に外壁のメンテナンス施工を行う方が、
建物の資産価値を維持するためにも大切なことです。

経年劣化により、屋根のズレが起きてしまったり、外壁の色があせたり、ひびが入ってしまったり、鉄部分にサビができてしまったり、木材の部分では腐食や傷みが出てきた時には、
建物の外壁部分だけでなく内部まで被害が及んでしまっている可能性もあります。

定期的にメンテナンスをしていれば防げた劣化のせいで、
予想以上の大規模な工事になってしまうこともあるのです。

うちはまだ10年経ってないから大丈夫!!と安心するのではなく、
定期的に外壁を気にしてみてください。

もちろん三洲リファインにお声がけいただければ、無料で点検を行います。

傷みや腐食も広がる前に対処することで工事の金額や工期も抑えることができますし、
美観を保ち、住みやすい建物の維持につながります。

三洲リファインで劣化診断を行なった結果、被害を最小限に食い止めることができたお客様が数多くいらっしゃいます。