【外壁に出来たコケ】

あなたのご自宅を少し離れた場所から見た時に、
外壁の色が、一部かわっているところがあったりしませんか?

日の当たりにくい場所に色の変化が出ている場合、大概の場合がコケであるケースが多いです。

コケは、湿度が高く日当たりの悪い場所に発生します。
近隣との隙間が狭いところだったり1日中日の当たらないところだったりは要注意です。

コケをうまく利用した苔の庭園だったり、コケリウムだったりとコケをうまく使っているものもありますが、
残念ながら外壁に出来ているコケは経年劣化のサインといえます。

【コケのサイン】

コケが生えてきてしまっているという事は、日当たりが悪く外壁が常に湿気を帯びてしまているという事です。
また、コケ自体も水分を保水する力がありますので、外壁に常に水分をあてているような状態となってしまいます。

この湿気が建物の内部に侵食していってしまうと、腐食の原因になる可能性が出てきてしまいます。
コケが目に見え始めたからといって、
外壁材がすぐに腐食するというわけではありませんが、
時が経つにつれて劣化の原因になることは間違いありませんので注意が必要です。

何より、一部分にコケが発生しているのは見栄えが悪いので、
心機一転外壁塗装の際には綺麗に除去してあげて見違えるように綺麗にしてあげましょう。

【コーキング剤の劣化】

外壁の壁面材の隙間を埋めるために使われるコーキング剤ですが、
外部の雨風・日光にさらされているので経年によって劣化が起こりやすい箇所になります。

まずは、コーキングの痩せが発生し、コーキング剤が痩せて細くなっていきます。
その段階をほかっておくと今度はコーキング剤が減って剥離が始まってきます。

外壁材の隙間を埋めているコーキング剤ですが、
ここが劣化してきていると景観を損なう要因の1つにもなりますし、なにより漏水の原因にもなります。

コーキングの劣化が進む前にメンテナンスの手を加え加えた方が良いです。