【外壁メンテナンスの見極め時期】

結論からいいますと、外壁メンテナンスに正解の時期はありません。
なぜかというと、外壁は雨や風にさらされているため、築年数とともにカビやコケ、欠損などの様々な劣化が出てくるからです。

外壁のメンテナンスとは、その症状の悪化がすすまないように前もって行なっていくのが理想ですが、様々な要因がかさなり経年劣化につながっていますのでいつがメンテナンスの正解の時期かという質問には正解が無いと答えるのが正解になってしまいます。

メンテナンスが遅くなってしまったために重大な雨漏りやクラックの広がりがでてしまってはいけませんので、定期的に適切なメンテナンスを行なっていくことが大切です。

一般的に10年程度がメンテナンスの時期だと言われますが、メンテナンスを行うことで建物の価値を維持することができるのです。

【光るプロの目】

三洲リファイン株式会社では、外壁のメンテナンスにもいくつかのパターンをご用意してご提案をしています。

建物の現在の状況をしっかり調査し、適切な施工を行います。

実は、
この、「現在の状況をしっかりと調査」が外壁のメンテナンスには非常に重要になってきます。

状態を把握していないまま外壁のメンテナンスを行なってしまうと、
効果に雲泥の差が現れてしまいます。

これは外壁塗装・サイディングの貼り替えどちらにも同じことが言えます。

外壁メンテナンス後に、しっかり効果が長持ちする施工のためには、
実績豊富な職人が調査・施工を行うことが大切なのです。

三洲リファイン株式会社では、地域密着で施工を重ねて参りましたので、地域にあった材料・建物の現状にあったプランのご提案をさせていただきます。

同じ地域での実績が多いというのもあなたが外壁メンテナンスを検討される際には業者選びの参考にして良いと思います。

悪徳な業者ですと、塗料の適正価格に合わないような価格の不当な吊り上げだったりをしている業者もいるようです。

地域密着でやっている業者ですと、そのようなことを一度でもしてしまうと一気に評判が回ってしまいますので安心安全かと思います。

定期的に名前を変えている業者さんも要注意です。
悪評判が回ってしまい商売がしにくくなって名前を変える業者や、騙す前提で不当な金額を請求し定期的に名前を変えている業者もいるみたいです。

外壁メンテナンスをお考えの方は、参考にしてください。

外壁塗装・外壁貼り替えでお困りごとや悩み事がある方は三洲リファインまでぜひお気軽にお問い合わせください。