【外壁の塗り方について】

外壁の塗り方、つまり外壁塗装の工法についてです。

外壁塗装には、
外壁材・塗装道具によって塗装工法が異なります。

塗装道具の違いによる塗装工法それぞれの特徴を簡単にご説明していきたいと思います。

【3つの塗装工法】

《刷毛工法》

刷毛(ハケ)は小さい筆のようなものです。外壁塗装の際に、細かい部分の塗装をする際に必要になります。

塗れる面は小さいので、広い面積を塗装するには不向きです。
一般的に刷毛は、仕上げ塗装や微調整をする際に使われるものになります。

《ローラー工法》

コロコロと道具を転がしながら塗装できる道具です。ローラーにはいくつかの種類があり、ローラー部分お大きさが広く、たくさんの面積を施工できるものがあったり、ローラーの持ち手が長く高い部分も塗装できるものがあったりします。
ローラー工法は、広い面には非常に向いているのですが、逆に細かい部分の塗装は不向きになります。

《吹き付け工法》

塗料を噴射できる機械に入れて吹き付けて塗装をする方法となります。
吹き付け工法も、ローラー工法と同じく広い面積への塗装を得意としますが、塗料の飛び散りや凹凸のある部分の塗り残しが発生しやすいので気をつけてとそをしないと仕上がりが綺麗になりません。

【地域の特性を考えた塗装】

塗り方の工法もそうですが、
地域の特性を考え、その地域にあった塗装をしなければいけません。

塩害を受けやすい沿岸部では、サビ取りだけではなく、錆止めの施工もしっかりしなければ塗装が浮いてくる原因にもなりますし、防水対策が必要な箇所にはしっかり下地や仕上げに防水を施さなければなりません。

外壁塗装会社にも、向き不向きや得意不得意があるので、
地域の実績が多い会社を選択することをおすすめします。

塗料の知識があるだけで、実際の塗装実績がなければ絵に描いた餅になってしまいます。

一概に外壁塗装といっても、我々も色々なパターンからお客様の生活の安全と建物の寿命を長くするための提案を行なっていますのでまずは信頼して説明を聞いてみてください。
そして、疑問点や懸念点、ご質問事項などがあれば解決するまでお気軽にお尋ねください。