【色の対比とは】

色見本のカラーチャートだけをみて、施工後の完成イメージがちがうと感じることがあります。

これは、外壁塗装を施工した建物の背景や近くの建物の色を受けて、色の見え方が変わって感じるのが原因です。

このような現象を、色の対比と言います。主に色の対比には3つあるといわれています。

【3つの色の対比】

《色相対比》

外壁塗装の施工が完成した建物の背景色が影響して、本来の色と違って見えることです。同系色だと、背景に近づいた色に感じるため、外壁の色が目立たなくなります。

《彩度対比》

施工完了後の背景や周りの建物の色の彩度が低いと、相対的に外壁が鮮やかに感じることがあります。つまり意図的に背景より彩度が高いカラーを選ぶと、外壁を色鮮やかに見せることが出来ます。

《明度対比》

施工完了後の建物の背景や近隣の建物の色の明度が低いと、外壁が本来の色味の明るさとは異なって見えることがあります。逆に背景などの色の方が明るいと、外壁本来の明るさで見えやすくなります。

【対比をうまく使うには】

カラーサンプルや色見本に対して、外壁塗装を施工する範囲はかなりの広範囲になります。

このため、見本よりも施工完了後のカラーの印象が強くなり、カラーサンプルの色のイメージよりも違って感じるのです。

カラーサンプルで選ぶ際には、
彩度と明度のトーンを少し落として選んでいくと良いかもしれません。

また、住宅の色は、広範囲に見える外壁のメインカラーと、屋根・雨戸・サッシなどのサブカラーから成り立っています。

色相や彩度、明度を合わせると外壁塗装完了後の統一感が出ます。

あえて違う色を選ぶとサブカラーの印象を目立たせます。

今までの色味と変わらないような印象を残したいという方は、
ツヤなし塗料を選ぶという手法もあります。

三洲リファイン株式会社では、
お話をさせていただいている方だけではなく、
その方がご家族に説明する際にもしっかり説明できるようにわかりやすく説明をするように心がけるようになりました。