【養生作業とは】

外壁塗装をする際にかかせない工程の1つなのが、
養生作業です。

養生には方法がいくつもありますが、
養生をすることで仕上がりの見た目も変わってくるほど重要な工程です。

簡単に説明をすると、
塗料がついていけない部分をビニールでおおったり
ベニア板をかましたり塗料やキズから守るために行う作業のことです。

外壁の塗装だけでなく、サイディングの貼り替えや屋根メンテナンスの際にも養生は行われます。

建物を傷つけないように足場と建物のあいだにクッション材をかましたり、プラスチックダンボール板を養生テープで貼り付けたりします。

外壁塗装を行う職人たちも、もちろん気を遣って作業をおこなっていますが、
養生があるおかげで職人の作業もスムーズに行えているのです。

【養生につかう道具たち】

三洲リファイン株式会社で実際に使っている、
養生に使う道具たちの一部をご紹介します。

《マスキングテープ》

粘着力の弱い、貼ったりはがしたりしても跡が残らないテープです。養生用ポリシートを窓や窓枠に貼る際に使用します。手切れ性の高い養生カットテープを使用する場合もあります。

《養生用ポリシート》

養生用ポリシートは、窓や窓枠などを塗料から保護する際に使用します。一般のビニールと異なり付着した塗料が乾燥しても剥がれ落ちにくいので周囲を汚しにくくします。

《マスカー》

マスカーは養生用ポリシートとマスキングテープがドッキングしたもので作業性が高く、貼ると覆うが同時にできます。

《車カバー》

車カバーは駐車場に停めてある車を塗料から守る際に使用します。素材はビニールだったり、布だったり色々あります。

他にも色々な種類の養生用の道具はございます。

【養生をしていても・・・】

養生がしてあっても、塗料などが建物に付着することを100%防いでくれるわけではございません。

もし、必要のない場所に塗料がついてしまった際は、
剥離材などですぐに対応いたします。

施工途中の点検や最終お引き渡しの前に必ず点検を行いますが、
万が一お気づきの点がございましたらすぐお知らせください。

その他にも施工後何か気になる箇所がございましたらご指摘いただければ即対応させていただきます。

また、特別養生を増やして対応してほしい箇所があれば事前にお伝え頂ければ出来る範囲での対応はさせて頂きます。